アパレル業界就職への道VOL.5

2013年02月28日増田恵一(キャリアカウンセラー/文化服装学院キャリア支援室室長)

求人票の見方

基本に戻って求人票を眺めてみましょう。

タイトル
①受付日: 求人が到着した日付。随分前の日付であれば、こんなに前から求人を出しているのになかなか採用が決まらないのかな? 厳選採用なのかな?もしくは希望者がいないのか?などと思いを巡らす要因になる。
②企業名: 当然ながら社名とブランド名が同一でない場合が多い。ホームページがあれば必ず目を通しておく。
③事業内容: 取扱商品はもちろん、企業の規模・歴史や考え方・コンセプトなども把握しておくことが大切。
④所在地: 本社と書類の提出先が異なる場合もある。
⑤募集職種: 同じ職種名でも企業によって実際の仕事内容や職域は異なるため、よく確認すること。
⑥勤務地: 販売職は店舗所在地が勤務地候補となるが、当然ながら自分が希望する店舗に配属されるとは限らない。
⑦締切: 締切日が設定されている場合はその期日までに応募書類を提出する。少し余裕を持っての提出が望ましい。
締切なし(随時受付)は定員になり次第終了になる可能性がある。応募する際は、既に締め切られていないか確認の電話を入れてから応募すること。
⑧待遇: 社会保険に加入していることは、安心して働ける企業であるかどうかの重要な判断基準になる。「雇用」「労災」「厚生」「健康」すべてに加入していることが望ましい。
  雇用保険= 企業の倒産あるいは企業の都合による解雇、または自己都合による退職などで失業状態になったときに、所定の失業給付金が支給される。
  労災保険= 就業中や通勤途中の事故など、業務上の災害に対してその治療費や休業補償が給付される。
  厚生年金= 厚生年金保険のこと。民間企業の労働者を対象とする公的年金制度で、老後の生活維持に不可欠。
  健康保険= 業務上でない病気やケガなどの治療や、それらによる休業により収入が途絶えた場合、この保険から所定の給付金が支給される。
国が管轄する国民健康保険の他に、企業単位または業界単位の健康保険組合が管轄するものもある。
⑨応募方法: リクナビマイナビなど、就職関連のナビから応募させる企業も増えている。指示されたとおりに応募すること。

さて、次回は企業へ電話をしたり、そして最後は面接時に必ず必要となる正しい「言葉遣い」を学んでいきましょう。

LINEで送る

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam