アパレル業界就職への道VOL.12-②

2013年07月18日増田恵一(キャリアカウンセラー/文化服装学院キャリア支援室室長)

面接試験

前回に続き面接試験を説明していきます。

[面接のマナー]

(1)会場到着

  • 指定された時間の15分前には到着するように
  • 遅刻は厳禁。交通機関のアクシデントなど、不測の事態に巻き込まれてしまったら、その時点で即連絡
  • 会場までの道のりは、受験先企業の方がそばにいるかもしれません。襟を正して姿勢よく歩き、歩きタバコやポイ捨てなど厳に慎むこと

(2)受付

  • コート、マフラー類は入口の外で脱ぐ
  • 氏名、指定された時間を告げて取り次いでもらう
  • 受付での態度や印象も評価対象になるので油断しない0度)

(3)控え室

  • 飲食、喫煙、私語、化粧直し、携帯電話、携帯メールいずれも厳禁(化粧直しはトイレでなら可)
  • 携帯電話の電源を切る。マナーモードも不可

(4)面接

  • 扉を2回ノックして「どうぞ」の返答を待ち、「失礼します」と断って扉を開ける
  • 扉を半開の状態でいったん止め、「失礼します」と一例、身体を返して扉に向き直って扉を閉める
  • 用意された椅子の入口から近い側の横に気をつけの姿勢で立つ。男性は両手を体側に、女子は両手を体前で軽く合わせる。なお、複数面接あるいはグループ面接のために椅子が近接して置かれている場合は椅子の横でなく、椅子の前に立つ
  • 面接官と目を合わせて、にこやかに「○○と申します。本日はよろしくお願いします」と挨拶する。お辞儀は語先後礼で屈体は30度の敬礼
  • 「どうぞお掛けください」と促されるまで待ち、「はい、失礼します」と一礼してから腰を下ろす。手荷物は椅子に掛け終えてから自分の左側に置く
  • 用意された椅子の入口から近い側の横に気をつけの姿勢で立つ。男性は両手を体側に、女性は両手を体前で軽く合わせる。なお、複数面接あるいはグループ面接のために椅子が近接して置かれている場合は椅子の横でなく、椅子の前に立つ
  • 面接官と目を合わせて、にこやかに「○○と申します。本日はよろしくお願いします」と挨拶する。お辞儀は語先後礼で屈体は30度の敬礼
  • 「どうぞお掛けください」と促されるまで待ち、「はい、失礼します」と一礼してから腰を下ろす。手荷物は椅子に掛け終えてから自分の左側に置く
  • 背筋を伸ばし、男性は軽くこぶしを握って膝頭の上に、女性は両手を合わせて膝頭とももの付け根の中間くらいに置く。両肘を心持ち張り気味にして姿勢を正す
  • 面接官の目を見て質問を開き、目を見て答える。目線をはずすときは、面接官の喉もとあたりを見るようにする。面接官の話は適度にあいづちを打ちながら聞く
  • 答を促されたらまず「はい」と返事をし、結論を先に、それから説明や理由を述べる。答が長くなったら(1分が目安)最後を「以上です」と締めくくる
  • 敬語で話す。これが基本です。尊敬語、謙譲語を正しく使い分けるに越したことはありませんが、あまり神経質にならず「です、ます」調の丁寧な言葉遣いで話すことを心がけましょう。「アパレル業界就職への道VOL.6 言葉遣い」を読み返してください
  • 面接終了を告げられたら、腰掛けた状態で、語先後礼で「ありがとうございました」と一礼
  • 腰掛けたまま荷物を手に収めて立ち上がり、椅子の左横に移動して語先後礼で挨拶をする。挨拶は「ありがとうございました」「よろしくお願いいたします」「失礼いたします」など、そのときに自然に出る言葉でよい
  • 出口に向かい扉の手前で面接官に向き直り「失礼いたします」と一礼する
  • 改めて扉に向き直って扉を開け、半開の状態で再度面接官に向き直って一礼してから退室し、扉を閉め切る

(5)受付

  • 帰りがけも受付に寄り「本日はありがとうございました」とお礼を述べる
  • コート、マフラー類は入口を出てから身につける
LINEで送る

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam