OpenSpace

Get Adobe Flash player

Darknesses for Light: Czech Photography Today

「暗がりのあかり チェコ写真の現在」展/ 資生堂ギャラリー


2010.06.18 update

チェコ共和国プラハでは、1910年代末から芸術文化の前衛運動"チェコ・アヴァンギャルド"が起こる。ヨーロッパやロシアなどへ大きな影響を与え、スラブ文化圏における中心的役割を担ってきた。近年では日本でもブックデザインや絵本、アニメーション映画などを筆頭にチェコの文化に注目が集まっている。
資生堂ギャラリーでは、チェコ文化の中から、ポートレート、風景、ドキュメンタリーなどさまざまな写真表現をクローズアップする。1830年代半ばに写真が登場するとすぐに、当時のチェコ・スロバキアにもその技術は伝わり、20世紀に入るとフランティシェク・ドルティコル、ヨゼフ・スデック、ヤン・サウデックなどの才能を輩出。多くの写真家が活躍し、モノクローム写真を中心に発展を遂げてきた。今回の、「暗がりのあかり チェコ写真の現在」展では、現代のチェコを代表する10人の写真家の作品約50点を展示する。歴史と文化のなかで育まれた独特の感性を感じさせるチェコの写真芸術に目を開くチャンスだ。

「暗がりのあかり チェコ写真の現在」展
2010年6月19日(土)〜8月8日(日)
資生堂ギャラリー
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
Tel: 03-3572-3901
www.shiseido.co.jp/gallery/html/

1. アントニーン・クラトフヴィール
1947年 チェコ共和国ロヴォシッチェ生れ。プラハ、NY在住。
1980-90年代にかけての中東欧の転換期における、全体主義の終わりと共産主義体制の終わりの時代を扱い、戦争、宗教対立、民族対立によって激変した一般の人々の生活を捉えている。

1. Antonín Kratochvíl
Born in Lovosice, in 1947. Lives in Prague and New York.
During the 1980-1990 period when major changes occurred in Central and Eastern Europe, at the end of totalitarianism and communism, he captured the everyday life of ordinary people that was deeply affected by war, religious and ethnic conflicts.

2. ディタ・ペペ
1973年 チェコ共和国オストラヴァ生れ。オストラヴァ在住。
現代社会における様々な階層、職業、年齢層の女性に自身が扮し、それぞれの対象人物とともにポートレートを撮影する「Self-portrait」シリーズを制作している。本作では、撮影対象の男性、および彼女自身が扮するパートナーの社会的地位、生活習慣をうまく捉えている。

2. Dita Pepe
Born in Ostrava, in 1973. Lives in Ostrava.
She uses self-portrait photography, taking herself as a women in various ages, social classes in contemporary society, posing with other models. In these works, she portrays herself as the partner or wife of various men, representing with a real authenticity their social class, surroundings and life style.

3. イヴァン・ピンカヴァ
1961年 チェコ共和国ナーホト生れ。プラハ在住。
神話、聖書や、ダ・ヴィンチ、カラヴァッジョなどが描いた絵画などからのインスピレーションをもとに作品を制作。近年は、簡素なモチーフを撮影し、きわめて繊細で思索的な作品を制作している。

3. Ivan Pinkava
Born in Náchod, in 1961. Lives in Prague.
Taking inspiration from mythology, Bible, from painters like Da Vinci and Caravaggio, he has been taking recently quite simple motifs creating extremely sensitive and meditative works.

4. インドジヒ・シュトライト
1946年 チェコ共和国フセチーン生れ。ブジドリチュナー在住。
近代化によって失われつつある田舎での生活や風習、価値観などをありのままに捉えた、人間味あふれる写真を撮る。

4. Jindřich Štreit
Born in Vsetin, in 1946. Lives in Břidličná.
His work is focused on images captured from the lifestyle, habits and values of the country side which are vanishing with the coming of modernity, giving his photographs a tremendous human touch.

5. ミハル・マツクー
1963年 チェコ共和国ブルンタール生れ。オストラヴァ在住。
ゲラージュ(Gellage)という独自の技法を用い、自身の裸体を増殖させたり、引き裂いたりし、破壊と暴力、アイデンティティの喪失をテーマにした作品を制作している。

5. Michal Macků
Born in Bruntál, in 1963. Lives in Ostrava.
Using his own photographic technique named "Gellage", he reshapes for instance his own nude body, multiplying it and then tearing it up. The themes of his work are destruction, violence and loss of identity.

6. ルド・プレコップ
1959年 スロバキア共和国コシツェ生れ。プラハ在住。
様々な実在のオブジェ、切り紙による装飾などを加えたり、引き伸ばしする際に鏡の破片や紙切れを印画紙の上に置いて現像するなど、遊びとユーモアに富んだ作品を制作している。

6. Rudo Prekop
Born in Košice, in 1959. Lives in Prague.
His work consists in using real objects, pieces of paper as ornament, or in adding cuts of mirror, pieces of paper with a photographic emulsion at the stage of printing the photograph, which results in quite humorous works.

7. テレザ・ヴルチュコヴァー
1983年 チェコ共和国フセチーン生れ。ヴァシュラケー・クロボウキ在住。
寓話的な場所を背景に双子を写した非日常的イメージの作品「Two」シリーズを制作している。同シリーズでは、本物の双子とCGによって複製された少女たちのポートレートが入り交じっており、現実と虚構が交錯した、鑑賞者の不安を喚起しつつも強くひきつける作品となっている。

7. Tereza Vlčková
Born in Vsetín, in 1983. Lives in Valasske Klobouky.
The series "Two" features twins portraits in dream-like surroundings. In this series Tereza also presents real twins with portraits of girls artificially duplicated with CG technique, creating fascinating works that mix reality and unreality, making the spectator feeling anxious.

8. ヴァーツラフ・イラセック
1964年 チェコ共和国カルヴィナー生れ。プラハ在住。
セルフヌード、ポートレートのなかに死や破壊といった耽美的イメージを重ねあわせ、永遠の価値や人間の魂の深みを模索する神秘的な作品を制作している。

8. Václav Jirásek
Born in Karviná, in 1964. Lives in Prague.
In his self-nude photographs and portraits, he creates a superposition of aesthetic images of destruction and death which result in mystic photographs in search of the deepness of human soul and eternal values.

9. ウラジミール・ビルグス
1954年 チェコ共和国フリーデク=ミーステク生れ。プラハ在住。
ある特定の人物が群集のなかで差異化される瞬間を捉えることにより、大都市において感じる哀しみ、孤独感、疎外感を表現。写真家としてのほか、教育者、写真研究家としても活躍している。

9. Vladimír Birgus
Born in Frýdek-Místek, in 1954. Lives in Prague.
By capturing a certain person among a crowd at the very instant of conscience of his difference, Birgus expresses loneliness of people in big towns, sadness and feeling of exclusion. Birgus is also a famous scholar and writer about photography.

10. トノ・スタノ
1960年 スロバキア共和国ズラテー・モラフツェ生れ。プラハ在住。
モデルに表現豊かでダイナミックなポーズをとらせ、エロティシズムを強調しつつも、優美なヌードやポートレート作品を制作している。

10. Tono Stano
Born in Zlaté Moravce, in 1960.Lives in Prague.
Having his models posing in expressive and dynamic ways, Stano's elegant nudes and portraits are full of erotism.