Feature-highfashionOnline

Junya Ishigami

Japanese Designers Speak Out: What Can Fashion Do Now?

「今、ファッションにできること」。ファッションデザイナーへのアンケート。

2011.06.02 update | INTERVIEW

translation:Yuki Tamura,
Isabelle Sakai(B.P.B.Paris)

東日本大震災から3ヶ月近くが経ち、原発の不安は残るものの、被災地への支援は進み、現在では、日本全体が少しずつ落ち着きを取り戻しています。しかし、この未曾有の災害によって、物質的、精神的に被ったダメージは、簡単に乗り越えられるものではないかもしれません。今回の震災によって、ファッション産業もまたさまざまな形で傷つきました。3月11日が、予定されていた東京コレクションの直前だったこともあり、産地が被災してサンプルが届かなかったり、素材が流失したり、節電や計画停電のために、生産が止まってしまったり、営業時間短縮のため、販売量が大幅にダウンしたり...。自粛という形でのショー中止というケースもありました。

そんな中で、ファッションのクリエーターたちは一体どんな風に事態を受け止めたのか。ファッションとどう向き合おうとしたのかを、それぞれの言葉で語っていただきました。そこには日本のファッションを発展させていくという意志が感じられるはずです。

掲載は、ブランド名のアルファベット順です。

質問
Q1:
大地震、津波、原子力発電所の事故、及び風評も含む2次災害という不安に満ちた現在、ファッションデザイナーとしてできることには、どんなことがあるとお考えですか?
Q2:
東北地方で稼働していた繊維&縫製工場や販売拠点の深甚な被害、海外ブランドの一部撤退、長びく停電などによって、ファッションを取り巻く状況は、今後変わらざるを得ない見通しですが、こういう事態をあなたはどうとらえますか?既存のファッションシステムやサイクル、発表の形などにどんな変化が生じるとお考えでしょうか?また、現状のファッションのありかたに対する提言があれば、合わせてお聞かせください。
Q3:
今シーズン(2011-12秋冬)のコレクションはどのような形で発表なさいましたか。今回、あなたがコレクションに込めたメッセージがあれば、合わせてお聞かせください。
Q1:
As a fashion designer, what do you think you can do today, in a time of anxiety that follows the eartquake, the tsunami, the nuclear plant accident and the collateral damages caused by various rumors ?
Q2:
Due to the damages caused to textile and clothing industry as well as retail outlets in the Tohoku region, it appears to be necessary to have a different perspective for the future, regarding the situation around fashion, what is your opinion about this? What kind of change do you foresee in the existing system, in the cycle of fashion , and in the way of presenting collections ? If you have any suggestion regarding the current situation of fashion, please share it with us.
Q3:
How did you present the AW 2011-12 collection? If there was a message to be conveyed in this collection, could you please tell us about it ?
08sircus

08sircus
サーカス

08sircus

Kiminori Morishita
森下公則

www.kiminorimorishita.jp

A1:
「私の仕立てたスーツさえ着ていれば彼は決して自殺などしなかった」
とは、ある映画のワンシーンの台詞で、自分の仕事の可能性と責任を再認識させられた一言です。
自分の服を精一杯作る事こそ大切だと考えます。
A2:
各分野で最大限の努力がなされており、必ず復興出来ると信じています。
ただ この災害が与えた影響の大きさや失ったものの大きさは計り知れません。
新たな価値観が生まれ、そしてそれを先導するのは我々日本だと思います。
状況やシステムは自然と対応して行くと思いますが、今はまだ見えません。
A3:
震災前に展示会形式にて終了済みです。
A1:
"If he was wearing the suits I've tailored, he would not have killed himself." This was a line from a movie I've seen in the past. It reminded me of the possibility and responsibility that I have with my work. I believe the most important thing for me is to make my clothes with utmost effort.
A2:
Everyone is doing their best they could in their fields of work. I am sure that we will recover from this disaster. Yet the impact and the loss were immeasurable. We don't have any clear prospect in sight yet, but I believe that Japan will be able to give rise to a new set of values and lead the way. Our life situations and systems will adopt to the new circumstances.
A3:
An exhibition was already carried out before the disaster.
A

Ä
エィス

A

Kazumi Sasaki
佐々木一視

www.summerinc.com

A1:
実際、今はファッションやお洒落を楽しむような状況ではないとは思いますが、少しずつ立ち直り、着るものに気を使えるような心境になった時に、「ワクワク」する気持ちを思い出すきっかけになるような服を作りたいと思っています。それまでは間接的な形になってしまいますが、チャリティーへの参加などで力になりたいです。
A2:
今回の震災前から、中国の影響などで国内でのモノ作りが難しくなっていました。今後は、もっといろいろなことがやりづらくなっていくかでしょうから、どんな時でもオリジナルの、強い服でなければ必要とされないでしょう。
A3:
今まで通り、展示会形式でコレクションを発表しますが、会場を代官山のエィスショップに移し、より濃い内容のコレクションにしようと思っています。世の中が平和で、人々の心にも経済的にもゆとりがなければファッションは成立しません。ファッションこそが、平和と文化の象徴だと思いますが、今回のような時にはあまりにも無力だと感じ、今一度ファッション、そしてモノ作りを見直しています。ハッピーな時だけではなく、悲しい時に、少しでも着る人が自身を取り戻す「きっかけ」になるような服を作りたいと思っています。
A1:
For now, there seems to be no room for fashion or style. I wish to make clothes that bring back the excitement for the time when people would want to care about clothing again. Until then, I hope I could help people through charity.
A2:
Manufacturing industry in Japan has already been in difficult situations even before the disaster, for many reasons, including the ascendant of neighboring China. Our future challenge will continue to be about creating original, strong clothes. Otherwise people wouldn't need them.
A3:
I will continue to present new collections in an exhibition. I will move the venue to Ä shop in Daikanyama and show a more serious, quality collection than before. Fashion wouldn't come into existence unless the world is in peace and people are liberated from mental and financial pressures. Fashion is the very symbol of peace and culture, yet it is so helpless in an extreme situation like this. I am therefore rethinking what it means to create fashion. I wish to make clothes that could become a "spark" for people to rediscover themselves, not only in happy but also in sad moments.
AGURI SAGIMORI

AGURI SAGIMORI
アグリサギモリ

AGURI SAGIMORI

Aguri Sagimori
鷺森アグリ

www.agurisagimori.co.jp

A1:
デザイナーができること チャリティイベントに参加することや、服を通して社会的貢献をすることは、今すぐにでも出来ることだと思いますので、すぐに行動しました。
物資や、環境が少しずつ整った後に求められるものとして、ファッションの本質でもありますが、ファッションを通していかに人々の心の豊かさに貢献できるかをこれから考えて、形にしていかないといけないと思っています。
それは何も大それたことではなく、
例えば、私個人の話になりますが、
日々流れるニュースに胸が痛んで、日々のクリエーションや仕事手がつかなかった時にyohjiyamamotoのスカートをはいて、AGURISAGIMORIのニットを着て、アレキサンダー・マックイーンのアクセサリーをつけて爪を今好きなピンク色に塗りました。
それだけで、その日一日がとても豊かに過ごせました。
その小さな一日をより多くの方の日常に作りたいと思っています。
A2:
AGURI SAGIMORIは、今シーズンもパリのファッションウィーク中に展示会を開催したので、サンプルは震災前に全てアップしていました。
帰国後、別ラインでの企画では、工場の方々に、このような命や生活に関わる状況下でサンプルを仕上げて頂きました。本当に感謝し、改めて日本のもの作りの意志や誇りに感嘆しました。
ただアパレルはどうしても川上から川下までの分業とバトンを渡す物流のシステムが基本になっているため、一つのシステムが止まってしまうことで全体の流れが止まってしまうことを改めて感じました。
それはファッションにたずさわるすべての人が、考えていかなければいけないと思います。
発表の仕方や、届け方を変える必要はないように思います。まずは、出来るだけ早くシステムが回復することを祈っています。
そして、ファッションの世界においても、今まで以上に互いの立場を尊重し思いやりのある未来を担ってゆけるよう、今まで以上に心を込めたクリエーション活動をしていきたいと思います。
A3:
今回はパリの3月上旬のファッションウィーク中のショールームに参加し、その後、東京のショールームでの発表を決めていたのですが、震災で東京開催が遅れてしまいました。
来日予定の海外バイヤーは、アポイントのキャンセルや延期がありましたが、国内のお取引先は、逆にお問合せを頂きましたし、通常通りのバイイング活動をして、店頭での影響を最低限に抑える努力をされているのだと感じます。 今回のコレクションは、自分以外のコミュニケーションを考えたコレクションでした。
それは、服をつくる上でいつも大事に想うことです。
あえて震災を組み込むことはしませんが、この状況は個人としてもとても大きなショックと同時に気付きを与えられたので、次回のコレクションに反映させていけると思っています。
A1:
What designers can do :
Taking part in charity events, contributing to help society through clothes, these were things it was possible to do very quickly, so I took actions instantly.
When material and environmental recovery will be set, I think that it will be necessary to think about finding a solution through fashion, to help people being serene and make it become something real.
It is not such a big deal, I think. For instance, if I take my personal case, just after the disaster, when we were listening at terrible news all day long, my heart was broken and I was not able to concentrate on my creation but one day I wore a Yohji Yamamoto skirt, an Agurisamori knit, put some Alexander Mac Queen accessories, and pink nail polish. With these small things I could spend that day with a kind of feeling of satisfaction. And I wish I could give such brief moments of fulfillment to a lot of people in their everyday life.
A2:
For this season, as I presented my collection in Paris during the Fashion week, I had all my samples ready before the disaster occurred. After going back to Japan, people working in the factories, in spite of terrible conditions of living, made tremendous effort to make my samples for another line project. I am so grateful to them. I was lost in admiration for the strong will and proudness of Japan towards the act of manufacturing.
I realized that our clothing industry was based on partition of tasks and on handing over from one to another but when one part of the system is stopped, the whole system comes to a complete stop too. We all have to think about this. I don't think it will be necessary to change the way of presenting or delivering collections. I just pray for the recovery of the system at the soonest.
And in the field of fashion, by being more respectfull to others in order to build a future full of kindness, I would like to devote myself to creation with a stronger sincerity.
A3:
At the beginning of march, I participated in a show room presentation during the fashion week in Paris and I planned to have the same kind of presentation in Tokyo but due to the earthquake disaster it was postponed. Many buyers cancelled their visit to Japan, appointments were cancelled or postponed but we had quite a lot of demands from our partners within Japan, they are keeping the same level of buying activity as previously, and I think these efforts are made in order to minimize the negative inflluence on retail shops.
My latest collection was focused on communication, generally speaking, not only regarding myself. I find it quite important in regards of clothes making. I did not include any element linked to the disaster but as I have been strongly shocked and as I took conscience of many things through the situation we are experiencing, I think that my next collection will be expressing something about it.
AKIRA NAKA

AKIRA NAKA
アキラ ナカ

AKIRA NAKA

Akira Naka
ナカ アキラ

www.akiranaka.com

A1:
ファッションデザイナーとして出来る事は、チャリティーイベント等でのサポートやこの市場全体の後ろ向きな姿勢に再度活気を与える為に価値ある作品を作り続ける事だと思います。ただ私たちはデザイナーとしてしか動く事が出来ないのではなく、一人の人として様々な援助をする事が可能です。そう考えれば出来る事はもっともっと広がると考えております。
A2:
色々な事を見つめる機会にする必要があると思います。東北の繊維業の方々の復興を含め、アパレル全体が情報を共有し皆で向き合う事が大切だと思います。また関心を持ち続ける事も大切だと思います。
A3:
今シーズンは展示会のみでの発表です。しかしこれは震災の影響は関係ありません。
また半年間制作して来たコレクションなので震災について急にメッセージを付加する事はありません。
A1:
What I can do as a fashion designer is to participate in charity events and keep making valuable clothes to reactivate this whole declining market. But I don't think that we are just reduced to take actions as fashion designers, each of us, as a human being, can be supportive in all kinds of ways. If we choose this way of thinking, it will widen the field of possibilities.
A2:
I think it is necessary to take it as an opportunity to scrutinize things more deeply. It is very important that all people involved in clothing industry share the informations they have and face the situation together, including the recovery of textile industry in the Tohoku region.
A3:
For this season, it will be a presentation. But it is not due to the influence of the earthquake disaster. It is a collection I have been working on for six months and I will not suddenly add a message regarding the disaster.
000000

ANREALAGE
アンリアレイジ

000000

Kunihiko Morinaga
森永邦彦

www.anrealage.com

A1:
震災の影響によりショーの自粛が相次ぎ、「たかがファッション」といったムードが広がることを懸念している。
ファションに人生をつぎ込んでいる人はたくさんいるし、産業としての規模も大きい。ブランド、お客さん、バイヤー、工場、カメラマン、ヘアメイク、プレス、演出、など総てを含めてファッション産業。その中には、ブランドがショーを行わないことで実害がでてくる人もいる。
産業の流れを止めてしまうのは誰にとっても良くない。今自分達ができることはその流れを止めないことだと思う。
A2:
経済産業省やJFW、また誰かがつくったシステムやサイクルの中で動くのではなく、
それぞれが自分たちのビジネスの在り方、発表の仕方、について考えることで、デザイナーたちが主導となる動きが増えていくだろう。
A3:
ショー形式にて発表を行う。ショーは必要であり、自分たちを表現する最高の場。ショーをやった方がブランドとして、ビジネスとして効果があると思っているし、ファッション産業もまわっていく。震災から影響を受けて作ったというわけではないが、このような不安な情勢の中で、より強い服を作りたいという気持ちがある。
A1:
I am concerned that people will think that fashion is "trivial" after all, because of the voluntary cancellations of the fashion shows after the earthquake and tsunami disasters. There are many people who devote their lives to fashion. It pulls the significant weight in the economy. Fashion industry is made up of a multitude of participants, including the brands and their customers, buyers, factories, photographers, hair and make-up artists, PR, technical directors and so on. There are people who suffer from the fact that brands called off their shows.
Stopping the flow of the industry would not do any good. What we can do now is not to stop that flow.
A2:
There will be more and more initiatives led by the designers who will actively search for their own ways of running business and presenting their work beyond the frameworks set by institutions such as the Japanese Ministry of Economy, Trade and Industry and the JFW.
A3:
I will present the new collection in a runway show. It's indispensable and the format is the best platform for expression. In terms of the business and branding, I believe that it's more beneficial to present a show, and the fashion industry can retain its flow. It's not really due to the shocks of the disaster, but in these uncertain conditions, I am even more determined to create clothes that are powerful and empowering.
beautiful people

beautiful people
ビューティフルピープル

beautiful people

Hidrnori Kumakiri
熊切秀典

www.beautiful-people.jp

A1:
被災者の方々も日常を取り戻すため復興に向けて力を合わせる中、僕達は日常生活を継続し、僕達の日常である新しいコレクションをお客様に届ける事が、僕達に今できる最大限の社会活動、社会貢献になると考えています。なぜなら不安に満ちたこんな時期だからとかではなく、いつでも僕達は、僕たちの服を着ることで心地よく幸せな気分になったり、着ることで自分を元気づけられる服をお客様に届けたいと思っているからです。今まで通り一生懸命服を作ることが僕達の出来ることだと考えています。
A2:
自分の身を守る最低限の衣服、お洒落をするための衣服としても、ファッションは絶対に必要だと考えています。
時間はかかるかもしれないけど、ファッションシステムを元の状態に戻すことも、僕達の仕事だと考えています。
A3:
現実問題としてライフラインの復旧もままならない中で、お客様を一つの場所に招待してショー形式でコレクショ発表することは、現時点では行うべきではないと判断しコレクションを中止し、ルックブックとWEBで必要最低限の形で発表しました。
そして私達は微力ではありますが、少しでも力になれればとコレクション費用を被災者の方々への義援金としました。 震災者の方々の少しでも早くの復興を願うと共に、多くの被害者の方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
A1:
We should continue with our daily life, and as fashion designers, we need to keep presenting our new collections to our customers. This is the best contribution we can give to the society. We wish to make clothes that can lift people's spirit and make them happy and comfortable.
A2:
I believe fashion is a necessity, for the practical purpose of clothing your body, as well as for expressing your sense of style. Even though it might take some time, we designers must work hard to restore the infrastructure systems of the fashion industry in Japan.
A3:
It was not practical to present a runway show for our customers when the infrastructures were barely restored. We pared down our presentation to the lookbook format and the online presentation. Our initial budget for the runway show was donated to the charity for the disaster victims. We pray for them in their time of loss.
COSMIC WONDER Light Source

COSMIC WONDER Light Source
コズミックワンダーライトソース

www.cosmicwonder.com

この度の震災にさいして、COSMIC WONDER Light Sourceが行ったことについて記し、回答とさせていただきたいとおもいます。

主だって被害が大きかった東北地域で被災された化学物質過敏症(CS患者の方)の方に、NOC(日本オーガニックコットン流通機構)を通じてThe Solar Garden COSMIC WONDER Light Sourceのオーガニック製品の日常着、靴下、石けんを支援物資として送付しました。(化学物質過敏症の方は被災地に登録されている方で1000人程いらっしゃるということでしたが、3月末の時点でご連絡が取れた方々個々への発送をNOCを介してすすめました。)

また、復興までの長期的な義援プロジェクトとして、Love and Lightメッセージピンを制作し、販売を開始しています。このプロジェクトにより集められる収益金のすべてを日本赤十字社東北関東大震災義援金へ責任を持って寄付していきます。(この義援についてはこのシーズンの一時的なプロジェクトではなく、これから数年に渡り、継続して行う計画です)

*コズミックワンダーライトソースでは、環境保全のため、化学処理をしない完全なオーガニック製のプロジェクト(The Solar Garden CWLS)を昨年からスタートさせた。

I would like to answer this inquiry by explaining the kind of actions taken by COSMIC WONDER Light Source.

Among the earthquake disaster victims a lot of people are suffering of chemical sensitivity (CS) so for these people we sent organic products as basic clothing, socks, soap from the Solar Garden COSMIC WONDER Light Source through the Nippon organic Cotton marketing Organization (NOC). (There were about 1000 people suffering from CS in the region that was hit by the disaster and at the end of march we dispatched goods through NOC to each person among them that we could contact)

Besides、 as a project for fund raising, we made message pins "love & light" and started to sell them. All proceeds raised will be sent to the Japanese Red Cross Society. (This is not a temporary project, we are planning to make it a long-term project lasting over several years.)

* Last year, COSMIC WONDER Light Source launched a new ecological project with a chemical-free production process called "the solar garden CWLS"

ENSOR CIVET

ENSOR CIVET
アンソール

ENSOR CIVET

Aya Sakurai
櫻井綾

A1:
首都圏にいて直接被災しなかった私たちは今、
前を向いて、日常生活を取り戻す事が大事だと思います。
そのために、私ができることは今まで通り、服をつくること。
着る人に希望をもたらし、周りの人々が明るくなるような、
日常のなかに喜びをもたらす洋服を作っていきたいと、今回改めて思いました。
A2:
東北には、とても質の高い技術を持った工場がたくさんあります。
工場や職人の方々に被害が及んでいると知り、とても心が痛みました。
これらの工場の技術力は日本が誇るべき文化だと思います。
その技術を守っていく為、被災地域の復旧を願うとともに、
私たちもバックアップしていく努力をしていかなければならないと思います。
A3:
私は仙台で生まれ育ちました。
震災が起きてから「私になにができるのか」と考えましたが、
震災で受けた心の痛みを知り、
自分自身もその痛みを内包しつつも表現者として
怯まず前進していきたいと思いました。
そこで、これまで通り活動を続けることを決意し、
通常通り3月に展示会を行いました。
自分ができることを継続していくことで、
日本の経済にすこしでも貢献していきたい、という思いです。
災害に遭われたファッションを志す若い人々にも、
夢をあきらめずに頑張ってほしいです。
今回は、60年代のUKロックスター、ブライアン・ジョーンズに影響を受けたコレクションを展開しました。
日常で着られるリアルなアイテムですが、身に纏うことで気分が高揚する、さりげない特別感を込めています。
誰もが、新たな"自分らしさ"を発見し、自分を楽しむことができるような。
純粋に装うことへの喜びを感じてほしい、と思っています。
A1:
Those of us in the Tokyo area should move forward and get back to our everyday lives. What I can do is to keep doing what I have been doing: making clothes. I felt even more determined to design and create clothes that offer hope and happiness for the wearers.
A2:
The Tohoku area has many factories with extremely hi skills and quality. It broke my heart to hear that these factories and the workers were devastated by the disaster. I believe that our country has to preserve the heritage of skills and techniques from the affected areas. We have to make an effort to support and take relief actions.
A3:
I was born and raised in Sendai. I have thought what I could do in the aftermath of the disaster. I want to accept the pain and yet continue moving forward without flinching from my challenge. I decided to continue working like before. In March, I presented an exhibition as scheduled. I want to contribute to Japan's economy as much as possible by continuing what I can do. I hope that aspiring designers who suffered damage could keep up their morale and pursue their dreams.
This season's collection is inspired by Brian Jones, the rock star from the UK in the 1960's. They are every-day items, but also special enough to make you feel excited. They are for those who want to discover something new about their own style and enjoy themselves. I would like the wearers to experience the pure joy of dressing up.
FACETASM

FACETASM
ファセッタズム

FACETASM

Hiromichi Ochiai
落合宏理

www.facetasm.jp

A1:
不安はいつの時代にもあるものです。
しかし、あの日起きた出来事、その後剥き出しになったものというのは、
不安と、そして大きすぎる悲しみです。
不安は何とかぬぐい去る事が可能ですが、悲しみというものはなかなかぬぐい去れるものではありません。
悲しみは、半分わけて頂く事もできません。
出来る事と言えば、寄り添うことくらいしか無いのかもしれません。
おそらく『今』求められているものはファッションではないのでしょう。
しかし、服は人を暖める事が出来ます。
今は求められてはいないのかもしれませんが、
半年後、1年後、10年後、どういった姿勢で、心でファッションに関わっているのか
あの日の出来事を決して忘れず、つくり続けることが大事だと考えます。
美しいとは、格好良いとはどういった事なのか、
被災された方々やその環境が日々、私達に問い、教えて下さっている様に、私共も多くの若者に見せていく事、
そして格好良い『日本の今』を世界に発信し続けること。
ファッションだからこそ出来る事もあるはずです。
私共は服が大好きで、服に携わっています。
服に夢を抱き、憧れと希望を持ち、喜びを貰っています。
笑顔が素敵な人が、人々の心を和やかにするように、服だって人々の心を救う事が出来るはずです。
A2:
今後も変わらず私共の製品は東北地方、及び日本の繊維、生地を使用し、
東北地方、及び日本の縫製工場、加工工場にお願いしていきます。
電気という観点から言うと、大きく変わらざるを得ないのかもしれませんが、
多くのデザイナーが日々、思い馳せている様に、
今までも、これからもファッションというものは変化、そして進化していくものです。
前を向いたり、あるいは後ろを向いたり。
まわりから見ると後ろを向いている様にみえることも、私共にとって、それは前、なのかもしれません。
それぞれが最善を考え、想い、そして多くの仲間と共に実行していく事で明るい明日を迎えようとしています。
私共は、どんどん動いていきます。
A3:
今までと変わらず、展示会形式での発表をさせて頂きます。
当初の予定からは遅い時期となってしまいましたが、それでも発表させて頂けることに感謝しておりますし、
東北地方の工場の皆様に少しでも多くの仕事をお願いできる様に、これからも努力致して参る所存でございます。
今回の私共のテーマと致しましては、
" i WANT TO HOLD YOUR HAND ALL THE WAY "
どうしようもない強い想い、というものを 大好きな "ファッション" につめ込みました。
A1:
Anxiety hovers in any era. That day, we witnessed so many worries and sorrows. It's easy to get rid of anxiety but it takes time to heal the sadness. We can neither divide sadness nor share a half of it. We can only be there for each other.
Fashion is probably not what people are looking for at this moment. Though fashion is not needed for now, it's important to keep making clothes with the memory of that day, a season, a year and a decade ahead.
"What does it mean to be beautiful and have style?" Everyday, the victims of the disaster pose us this question. We designers can manifest the style of "Japan Now" to the young people and to the rest of the world.
There is certainly something that fashion can do. We all love fashion and are involved in fashion.
We find dreams, aspirations, hope and joy in clothes. Like a beautiful smile can soothe our heart, clothes should also be able to save our souls.
A2:
We will continue to work with factories in Tohoku and the rest of Japan and use local materials. Though we may be forced to change due to the problems of power supply, in fashion, change (or evolution) is inevitable. We are all coming up with the best possible ideas. Sometimes the ideas may seem outdated but they could be progressive from another point of view. We just have to work together and implement them for a better tomorrow. We are moving on.
A3:
I will present the new collection in an exhibition, as always. Though the schedule was delayed, I am still grateful that I had an opportunity. I will continue to work hard so I can be of a help for factories in Tohoku.
My message of the latest collection was: "I WANT TO HOLD YOUR HAND ALL THE WAY," with much ardor in "fashion" that I love.