最終回 『ブランカニエベス』

ブランカニエベス

data

『ブランカニエベス』
監督・脚本・原案:
  パブロ・ベルヘル
出演: マリベル・ベルドゥ
ダニエル・ヒメネス・カチョ
アンヘラ・モリーナ
マカレナ・ガルシア
ソフィア・オリア
配給: エスパース・サロウ

公式サイト:blancanieves-espacesarou.com/

2012/スペイン、フランス/104min

12月7日(土)より新宿武蔵野館ほか全国公開

photo

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

クリックすると画像が拡大されます

スペインの白雪姫フラメンコの音色がおくるダーク・ファンタジー

タイトルになっている「ブランカニエベス」は、スペイン語で白雪姫を意味する言葉です。白雪姫を題材にした映画というとこれまでにも数多く存在してきましたが、白雪姫の物語が、スペインの闘牛とフラメンコの音楽と融合し、モノクロで無声映画という、かつて見たこともない世界観で届けられるのが本作です。

ギターの音色と、手拍子で刻まれるリズムが、セリフとひきかえに、それだけで、情感たっぷりに物語を紡ぎだしてゆく本作は、天才闘牛士の血を引く白雪姫のおはなしです。少女時代に継母から酷い仕打ちを受けながら美しい娘へと成長し、継母の策略で命を落としかけたショックから記憶を無くしてしまった白雪姫が、小人たちに助けられ、「こびと闘牛士団」に入団し、意識下で眠っている闘牛士の才能を花開かせていくというオリジナリティあふれる展開を、五感で味わえるのはこの映画だけでしょう。失われていた記憶をやがて取り戻すことになる白雪姫の、記憶を取り戻すその瞬間は音楽とのコラボ―レーションも最高潮の盛り上がりです。

醍醐味の映像と音楽のコラボレーションのなかで、華麗な衣裳が際立ちます。モノクロームでスクリーンに浮かび上がる美しい衣裳の陰影、ショートヘアの白雪姫(マカレナ・ガルシア)と闘牛士のコスチューム、繊細な刺繍やレースやフリルが使われたスペイン伝統のドレスや、ヘッドアクセサリーなど。それらは白雪姫と継母(マリベル・ベルドゥ)の人物像のコントラストをもなしています。白雪姫のおとぎ話における継母役といえば、美への執着心が強く、着飾った人物という古くからの約束事がありますが、それは本作の物語においても引き継がれ、むしろ強調されています。衣裳を手がけたデザイナーは、『レ・ミゼラブル』(12)で本年度の第85回アカデミー賞衣裳デザイン賞にノミネートされたデザイナー、パコ・デルガドです。今後の作品の動向も気になる衣裳デザイナーですね。


<5年間にわたってお届けしてきました『スタイリッシュ・シネマ』、今回が最終回になります。最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。 またどこかで お会いできますように。 著者より>

text : Aie Shimoguchiya

*[fashionjp.net編集部より]
下口谷様、123回におよぶ長きにわたる連載ありがとうございました。2008年オープンのfashionjp.netはこの11月で約5年半になりますが、その歩みはそのまま『スタイリッシュ・シネマ』と重なります。本当にお疲れさまでした。下口谷様の今後ますますのご活躍をお祈りいたします。

≪PREV CINEMA

 

LINEで送る

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam