第116回 『タイピスト!』

タイピスト!

data

『タイピスト!』
監督: レジス・ロワンサル
出演: ロマン・デュリス
   デボラ・フランソワ
   ベレニス・ベショ
   ミュウ=ミュウ
配給: ギャガ

公式サイト:typist.gaga.ne.jp/

2012/フランス/111min

8月17日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町他

photo

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

クリックすると画像が拡大されます

50年代、フランスのレトロポップでハッピーなサクセス・ストーリー

今やレトロなアイテム、ひと昔前はオフィスの必需品だったタイプライター。かつてその早打ちを競う大会が存在し、まるでオリンピックのように、各国代表が出場する世界大会まで行われていたのだそうです。1950年代のそんな実話をもとに、映画になったのが本作。タイプライターの早打ち大会で世界の頂点を目指す主人公の物語であり、フランスから届いたハッピーな作品です。

ヒロインは、秘書になることを夢見て田舎町を飛び出したローズ(デボラ・フランソワ)。保険会社の面接を受けて試験雇用に合格するも、やることなすことドジばかり踏んでしまい、若社長のルイ(ロマン・デュリス)から、向いていないといわれて早くも首を切られそうになってしまいます。今さら田舎へ後戻りはできないローズはそこで、タイプライターの早打ち大会に出場して勝つという条件を社長と約束。社長がつとめる鬼コーチの訓練に耐えながら、世界大会出場をめざします。腕前を上げていくなか、新たな問題ももちあがり......。

スポ根風のユーモラスでロマンチックな物語と、ポップな明るさが目を引く本作の、舞台背景には女性の社会進出というテーマもあり、当時、女性にとって憧れの職業だったのが秘書の仕事。そのなかでも早打ち大会でスターになることは、最も高いステイタスともいわれたそうです。

本作のふんわりとしたやさしいイメージの主人公の装いには、50年代のオードリー・ヘップバーンやマリリン・モンローのスタイルが意識されているといいます。そんな本作では、公開にちなんでファッションのタイアップも続々と決定しています。詳細情報は映画公式サイトのほうにアップされているので要チェックです。また、本作は『シェルブールの雨傘』、『地下鉄のザジ』、ヒッチコックの『めまい』などの、古き映画へのオマージュが様々な形をとって散りばめられていて、観ながら発見できる楽しみがあるところも見どころになっています。


text : Aie Shimoguchiya

≪PREV CINEMA

 

LINEで送る

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam