第110回 『ビル・カニンガム&ニューヨーク』

ビル・カニンガム&ニューヨーク

data

『ビル・カニンガム&ニューヨーク』
監督: リチャード・プレス
出演: ビル・カニンガム
アナ・ウィンター
カルメン・デロリフィチェ
トム・ウルフ
エディッタ・シャーマン
パトリック・マクドナルド ほか

公式サイト:www.bcny.jp/

2010/アメリカ/84min

5月18日(土)より新宿バルト9ほか全国順次ロードショー

photo

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

映画写真

クリックすると画像が拡大されます

ストリートを撮りつづけて50年 フォトグラファーの密着ドキュメンタリー

update : 2013.05.07

ビル・カニンガム、1929年3月18日生まれ。彼はニューヨークの名物フォトグラファーで、ストリートファッション・スナップの元祖ともいわれる存在。現在84歳。連日自転車に乗って街にくり出しファッションスナップを撮りつづけています。ニューヨーク・タイムズ紙の人気ファッション・コラム「ON THE STREET」と社交コラム「EVENING HOURS」を長年担当している人物ですが、彼に密着した本作は、その人柄があふれるようなチャーミングなドキュメンタリー映画。

ビルはカーネギーホールの上にあるスタジオのアパートから、雨の日も風の日も自転車で街にくり出し、愛用のニコンを片手にファッションスナップを撮りつづけます。ブルーの上っ張りに、雨の日には破れかけのポンチョを羽織り、ファインダー越しにかまえるエキセントリックな姿は彼のトレードマーク。50年もNYのファッションと被写体をとらえてきました。

昼は街中に、夜はパーティーやイベント会場に出没するビルですが、軽快な立ち回りと愛すべき笑顔でシャッターを切り、編集室に入れば職人の険しい顔つきにも変わります。そして、彼と親しい業界人でさえ彼のプライベートには立ち入ったことがないと皆が口をそろえるミステリアスな人物でもあり、本作によってはじめてビルの日常生活と、彼の歩んできた人生にカメラクルーが踏み込んでいきます。

そもそも自分が撮影されることにまったく乗り気でなかったビルと、そんな彼にアプローチをかけた監督リチャード・プレスが駆け引きしながら進行していくところも本作の面白さです。構想から数えて10年を費やしたという本作。クルーは撮影のチャンスを静かに狙いつづけ、ビルはそれに少しずつ理解を示していきます。ビルの愉快な友人や、個性的な業界人の顔ぶれが登場します。


text : Aie Shimoguchiya

≪PREV CINEMA

 

LINEで送る

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam