第107回 『ヒッチコック』

ヒッチコック

data

『ヒッチコック』
監督: サーシャ・ガヴァシ
出演: アンソニー・ホプキンス
ヘレン・ミレン
スカーレット・ヨハンソン
ジェシカ・ビール
ダニー・ヒューストン
ジェームズ・ダーシー
配給: 20世紀フォックス映画

公式サイト:www.foxmovies.jp/hitchcock/

2012/アメリカ/99min

4月5日(金)より TOHO シネマズ シャンテ他 全国ロードショー

photo

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

クリックすると画像が拡大されます

ヒッチコックとその妻
ふたりの知られざる物語

update : 2013.03.26

アンソニー・ホプキンスが特殊メイクでアルフレッド・ヒッチコックに扮したドラマ。ヘレン・ミレンとの共演で、ミレンが妻役を演じました。

舞台は1959年。後にヒッチコック映画史上最高のヒット作となる『サイコ』のクランクインを前にしてのこと。ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、実在の殺人犯の凶悪な事件を題材に、『サイコ』を撮ろうとしていました。しかし、配給会社からはショッキングな台本とみなされて拒否され、検閲からもストップがかかるという事態に陥っていました。制作現場の逆境と、その舞台裏にあったヒッチコック夫妻の夫婦の危機までを描いている物語です。

ヒッチコックは、自宅を担保に入れて自己資金で『サイコ』の撮影を続行することを決断します。彼を後押ししたのは、彼の妻で脚本家のアルマ(ヘレン・ミレン)ですが、撮影がはじまると、かつてないシーン撮影の連続にトラブルが山積み。そんな中、妻のアルマは『舞台恐怖症』の脚本家、ウィットフィールド・クック(ダニー・ヒューストン)に依頼された脚本の共同執筆に夢中で、それは夫婦の関係を揺るがす火種ともなってしまい......

ヒッチコックの妻、アルマ・レヴィルは、脚本家であり、映画編集者でもあった人物で、ヒッチコックの公私にわたるパートナーとして彼の全作品を影で支えた生涯ただ一人の妻といわれる女性です。そんな存在だったアルマと、巨匠ヒッチコックのやりとりがユーモラスにドラマチックに描かれていきます。そして、劇中劇で演じられるのが、映画『サイコ』の撮影場面です。『サイコ』といえば、ジャネット・リーがバスルームで刺殺されるところを演じたショッキングなシーンが有名ですが、本作でジャネット・リー役を演じたのは、美しいブロンド髪のスカーレット・ヨハンソン。当時のファッションや、映画衣裳の再現も、みどころになっています。


text : Aie Shimoguchiya

≪PREV CINEMA | NEXT CINEMA≫

 

LINEで送る

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam