第101回 『エンド・オブ・ザ・ワールド』

エンド・オブ・ザ・ワールド

data

『エンド・オブ・ザ・ワールド』
監督・脚本: ローリーン・スカファリア
出演: スティーヴ・カレル
キーラ・ナイトレイ
配給: ミッドシップ、ツイン
2012/アメリカ/101min

公式サイト:
http://www.sekainoowari-movie.jp/

1/18(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

photo

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

映画写真 映画写真

クリックすると画像が拡大されます

ロック&ポップスの名曲が彩る
人生最後のラブストーリー

update : 2012.12.25

地球滅亡まであと21日。そのとき人は何を考え、誰と一緒に最期を迎えようとするだろう――。

保険セールスマンで、妻に突然出て行かれ、ショックのあまり旅に出ることにしたドッジ(スティーヴ・カレル)と、成り行きでドッジと旅を共にすることになったアパートの隣人ペニー(キーラ・ナイトレイ)のストーリー。地球には、小惑星が接近し、人類滅亡は確実のものとなり、終末までのカウントダウンがはじまるなか、人は、誰もが思い思いの行動へ。仕事に出勤する人はほとんどいなくなり、街には暴動を起こす者や、酒やドラッグで憂さを晴らす者、パニックから自ら命を絶つ者さえ出ています。そんななか、主人公のドッジは、妻が自分以外の男を選んだショックを隠せず、昔つき合っていた女性に人生最後に会いに行く旅を選択するのでした。拾った犬を連れ、着の身着のままの状態で旅がはじまりますが、一緒に車に乗り込んだペニーは、思い出のつまった数枚のレコードを大事に抱えていました...。

SF映画のような緊迫した設定ではじまり、やがてほがらかなロードムービーのようになっていくラブストーリー。ロマンチックなロック&ポップスの名曲に彩られながら、あたたかなユーモアに包まれて届けられます。人生最後となる旅を、ひょんなことから共にすることになったドッジとペニーは、この旅の途中で、本当の愛や、自分が行くべき本当の場所に気づいていくことになります。

サウンドにはホリーズ「安らぎの世界へ(The Air That I Breathe)」や、ザ・ビーチ・ボーイズ「素敵じゃないか(Wouldn't it be nice)」など名曲の数々。キーラ・ナイトレイのペニーのファッションは、ヴィンテージ・テイストのファッション。ペニーはアパートにたくさんのレコードをコレクションしている音楽好きのキャラクターです。

text : Aie Shimoguchiya



プレゼント

背景

fashionjp.netでは、『エンド・オブ・ザ・ワールド』の劇場鑑賞券と特製バッジ2個をセットにして、fashionjp.netの会員の中から10組20名様にプレゼント!ご応募はこちらから↓

バッジ



応募する


まだ会員でないかたは、登録をすませてからご応募を。新規登録はこちらから。なお、当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。

背景

≪PREV CINEMA | NEXT CINEMA≫

 

LINEで送る

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam