第100回(最終回) ラテックスクチュールATSUKO KUDOの世界

連載 最旬ランジェリー通信

女性の官能美を呼び覚ますコスチューム

update:2013.03.19

ATSUKO KUDOのブランド名を知らなくても、レディ・ガガがエリザベス女王に謁見した時に着ていた真っ赤なドレス、"Born This Way"PVでのキャットスーツと言えば、すぐに思い浮かぶ人も多いはず。これらをデザイン・制作したのが、ロンドン在住のデザイナー、工藤亜津子さん。ケイト・モス、ディーダ・ヴォン・ティースなど、セレブリティの愛用者は数知れず。イタリアンヴォーグでは、スティーブン・マイゼル撮影でファッションストーリーが組まれ、Wマガジン誌上では、リンダ・エヴァンジェリスタがATSUKO KUDOによって変身。昨年、ヴィクトリア&アルバート美術館で開催された、過去60年を代表する英国の夜会服60体を集めた展示では、アレキサンダー・マックイーンなどと共に彼女のラテックスドレスが並ぶ(下記参照)など、すでに英国を代表するデザイナーとして、確固たる地位を築いています。

ATSUKO KUDOが使うのは、すべてラテックス(ゴム)。医療用などにも使われるゴムのシートを用い、接着していく技法。学生時代からフェティッシュなモノに惹かれ、ラテックスの服を見たとき、自分が探していたものはこれだと確信。それを追求しようと、ロンドンへ渡り、オリジナルのラテックスアイテムを製造販売していたセックスショップで、見習いとして働き始めたそうです。そこで働きながら、2000年に「ATSUKO KUDO」を設立。アンダーグラウンドな限られた世界のモノだったラテックスコスチュームを、その独創性で、モードでカッティングエッジなアイテムへと昇華させた工藤さん。2011年には、UKLINGERIE AWARDSで「最も革新的なブランド」として受賞。今や、世界中のファッショニスタから注目と尊敬を集める存在となりました。

「ラテックスは女性にパワーを与え、内面から自信をもたせてくれる」と、工藤さんは言います。ラテックスを纏いながら、女性がエンパワーしていく過程を見せたのが、下記に紹介している「Dressing for Pleasure」。ぜひそのプロセスをムービーでチェックを。最後に「自分がやる価値があると思ったことは、途中であきらめずに続けて。それが夢に繋がるから」と、デザイナーを夢見る人達へメッセージを頂きました。

「最旬ランジェリー通信」は、この100回をもって終了となります。約5年もの長い間、どうもありがとうございました。最終回に、工藤亜津子さんのような、真のクリエーターを紹介できて、光栄です。

ATSUKO KUDO www.atsukokudo.com/
64,Holloway Road, London N7 8JL tel.207-700-4631
text : Yoshie Kawahara

*[fashionjp.net編集部より]
川原様、100回におよぶ長期連載ありがとうございました。2008年オープンのfashionjp.netはこの4月で満5年になりますが、その歩みはそのまま「最旬ランジェリー通信」と重なります。本当にお疲れさまでした。川原様の今後ますますのご活躍をお祈りいたします。(なお「最旬ランジェリー通信」の全ての記事は、従来通り閲覧することができます)。

line

photography

photo

photo

photo

photo

テザイナー工藤亜津子さん

ロンドン Angelのブティック

セルフリッジのコーナー

2000年にブランド設立し、クチュールラテックスデザインという独自のスタイルを確立。©Simon Walter Hoare

ATUKO KUDOの世界を知りたいなら、アクセサリーやメンズまで揃う、この直営ブティックに行くべし!ショップの上階にはアトリエがあり、すべてのピースを制作しています。

ロンドン随一の百貨店でも販売中。10〜80代のあらゆる年代の女性に支持されてます。©Simon Walter Hoare

photo

photo

photo

photo

"Restricted Love Collection"@ Lingerie London2012

昨年10月、女性を貧困から救うための団体7bar Foundation主催の、チャリティーイベントLingerie London2012で、400名を超えるゲストを招いて発表された"Restricted Love(制限された愛)Collection"。レースやシルクでは決して表現することのできない、フェティッシュとエレガンスが融合した見事なショー。©Andrew Lamb

photo

photo

photo

photo

女性の中の眠っていた魅力を開花させるドレス達

上記のLingerie London2012のバックステージで撮影されたフォト。ショーでは左端の真っ赤なキャットスーツがファーストルックとして登場し、一瞬にして観客を魅了。ラテックスドレスを纏っていくその過程は、女性にとってのジャーニー。自分でも気付いていない、新しい魅力が呼び覚まされる。©Christopher James ショーのビデオも必見!

photo

photo

photo

photo

V&A Ballgowns Exhibition

Armour for Prostitute

Dressing for Pleasure video by Nick Knight

ヴィクトリア&アルバート美術館で昨年開催された「英国の夜会服展」に出展されたドレス。©Carlos Jimenez

ニック・ナイト主宰SHOW studioによる"Selling Sex Exhibition"のためのドレス。©Simon Walter Hoare

全裸の女性に1アイテムずつゆっくり時間をかけて着せていくパフォーマンス。当日は質問に答えながら4時間ノンストップで生放送したそう。©Nick Knight
showstudio.com/project/selling_sex_atsuko_kudo

写真をクリックすると拡大表示されます

≪PREV REPORT

LINEで送る

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam