カップルとリボン バレンタイン〜ホワイトデー編

chocolat et livre
2013年02月14日
布を使って様々な表現活動を行なってきた、アーティストの松本りあんさん。彼女の活動の一つに、毎日リボン(蝶タイ)を作り続けるというユニークなプロジェクトがあります。とにかく毎日1個ずつ。その日の気分で素材を選び、形を作る。そんな自由な発想でリボンを作る彼女の活動を「everyday Ribbon」と名付け、fashionjp.netで連載をスタート!毎日1個ずつ、エピソードとともにリボンを紹介します。
「chocolat et livre(ショコラ/言葉)」
リボンにまつわるキーワード:愛のことば、甘いキス
「chocolat et livre(ショコラ/言葉)」
「chocolat et livre(ショコラ/言葉)」 第6弾は、2012年10月末よりスタートした「カップル」編リターンズ。恋人、兄弟姉妹、友だち同士など、二人一組の"カップル"が、カップルをテーマに制作されたリボンから好きなものをチョイスしてコーディネート。バレンタインからホワイトデーにかけて、様々なストーリーが込められたリボンが登場します。
近い将来、洋服や雑貨を扱うセレクトショップをオープンするために奮闘している、ミックススタイルがキュートなカップル。リボンのテーマは、フランス語で「チョコレートと本」を意味し、バレンタインのデートをシックに飾ります。111日目は、彼が身に付けている「ショコラ」。ブラウンの生地を何層も重ねて作ったまるでチョコレートのようなネックレス風リボン。¥7,350(一点物)。112日目は、彼女の「言葉」。恋人に届ける愛のメッセージを戯曲集の一節に託す、古紙を素材にしたリボン。¥7,350(一点物)

photographs:Norifumi Fukuda (B.P.B.)
model:Satoshi Horii (man) , Misato Ikegami (woman)
「chocolat et livre(ショコラ/言葉)」
other photos
pink
「王女のクジャク(ハートの王女/とびきりのクジャク)」 Rian Matsumoto
松本りあん●1978年東京生れ。2002年多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイル専攻卒業。「ギャラリー・ルデコ」や「オフィス」など、都内各所のギャラリーやカフェにてテキスタイル作品を発表。'08年よりリボンのプロジェクトをスタート。毎年クリスマスに合わせて展示会を開催し、今年も12月に予定されている。
WEB:www.rianlxl.jp
※リボンは販売しております。件名「everyday Ribbon掲載リボンの販売について」とし、本文にお名前とリボンの名前を必ず記載してこちら(mail@rianlXl.jp)までメールをお送りください。
※作者の松本りあんさんによる新作リボン展が、パノフ(東京都渋谷区恵比寿南1-14-9 B2F)にて開催されます。4季目を迎える今回は、動物や植物の表皮をモチーフに、すべてハンドメードで作られた一点物の蝶タイがお目見えします。期間は、2月21日(木)〜24日(日)。13時〜22時(最終日〜19時)。
LINEで送る

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam