2013 Tokyo 新人デザイナーファッション大賞のアマチュア部門審査会開催

先日、プロ部門の支援デザイナーが発表された「2013 Tokyo 新人デザイナーファッション大賞」。その学生を対象にしたアマチュア部門の一次審査会が、昨日7月31日(水)に実施。審査員長を務める「ATSURO TAYAMA(アツロウ タヤマ)」のデザイナー田山淳朗さんをはじめ、「matohu(まとふ)」のデザイナー関口真希子さんと堀畑裕之さん、WWD編集委員の三浦彰さん選考を行いました。世界の有力な大学・専門学校の学生2,142人から、8,061点のデザイン画が寄せられ、その中から最終審査に進む25点が選出されました。審査を通して田山さんは「非常にレベルの高いデザイン画が多かったと思います。選ばれた作品は、デザインだけでなく素材をうまくアピールできた人が選ばれています。」と講評を述べています。今後、選出された作品は応募者の手で実物制作され、11月27日(水)に東京・渋谷の文化学園にて、ショー形式の最終審査会に進みます。最終審査では、大賞、優秀賞などに加え、同賞の30周年を記念した、日本ファッション教育振興協会特別賞として、1名にビジネス支援1シーズンを提供。また、卒業後、意欲的で優秀な候補者には、プロ部門への推薦枠が与えられます。今回も新たな才能の輩出に注目が集まります。
問合せ:「Tokyo 新人デザイナーファッション大賞事務局」E-mail tokyo@ndfg.jp
WEB:www.fashion-gp.com/

Tokyo 新人デザイナーファッション大賞のアマチュア部門審査会でデザイン画の審査をする審査員の面々。左から、三浦さん、田山さん、堀畑さん、関口さん。

Information

[一次審査通過者](敬称略)
李 斗成(Samsung Art & Design Institute)/イ ミジョン(エスモードジャポン東京校)/石本悠(大阪モード学園)/市橋郁子(東京モード学園)/右左見祥子(愛知文化服装専門学校)/梅垣恵理(大阪モード学園)/大橋聖平(大阪文化服装学院)/カツ シジョ(東京モード学園)/金 泫雨(Samsung Art & Design Institute)/金 美玲(文化ファッション大学院大学)/小池俊介(Central Saint Martins college of Art and Design)/ジバジャ ウエネ ディエゴ アンドレ ケイ(文化ファッション大学院大学)/島村慎太郎(エスモードジャポン東京校)/清水友香里(文化ファッション大学院大学)/全 晟希(Hong-ik university)/寺田祐輔(名古屋モード学園)/中川里実(エスモードジャポン東京校)/ナティーダ チャンノンシー(エスモードジャポン東京校)/林 穂高(名古屋モード学園)/藤本真実(上田安子服飾専門学校)/白 庚倫(Samsung Art & Design Institute)/宮本純華(専門学校桑沢デザイン研究所)/ミン ジョンウン(DONG-A TV INSTITUTE ART & FASHION)/山田楓(東京服飾専門学校)/林 吟濃(文化服装学院)

関連ニュース:2013 Tokyo新人デザイナーファッション大賞の募集がスタート

LINEで送る

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam