けっして色褪せることのない北欧デザインの本

2010年8月25日
ギセラ・エロン著『北欧のテキスタイル』は、50年以上にわたって人々から愛される北欧デザインの秘密を解き明かします。1954年10月、ストックホルムのNK百貨店で「書名入りテキスタイル」と題した12人の展示会が初めて開催されました。この時に出品されたテキスタイル・コレクションは、当時としては極めて斬新なものでした。本書はその時の魔法のような魅力的なコレクションを紹介したものです。登場するのは、イギリス王室名誉工業デザイナーのアストリッド・サンペから、ノーベル化学賞学者のスヴェドベリまで。MOMAでグッドデザインに選ばれたヴィオラ・グロステンの「ラフ」、人気建築家アルヴァ・アアルトの「14/14」を使って仕立てたドレスなど、収録されている60パターンの定番テキスタイル、原画に関する写真180点を目にした誰もが、「本当にこれが半世紀以上前のデザインなのか」と感嘆の声をあげるに違いありません。けっして色褪せることのない北欧デザインの真髄に迫る本といっても過言ではないでしょう。
けっして色褪せることのない北欧デザインの本

Information

「北欧のテキスタイル〜原点となった12人のコレクション」
ギセラ・エロン著
平石律子訳
A5判上製152ページ
定価2,500円
Pヴァイン・ブックス
http://p-vine-books.com/books/2947
e-honで購入
LINEで送る

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam