2009年2月アーカイブ

09/02/28 Sat 23:57

 

 

2月28日・土曜日
東京・表参道のキャットストリート沿いに
新ストア
シーホースプがオープンしました。

 

シーホ外観.JPG

 

一時的なブームではなく、

ひとつのジャンルとして定着しつつある

ナチュラル&リラックス系テイストは

上に下にと年齢層が広がってきてしまって。

 

「オリーブ」卒業生(強制退学でもあったり)を中心とした

コアな層に向けた

深化したナチュラルが求められていたわけですが。

 

 

12月のエントリーでお伝えしたアーバンリサーチグループの

かぐれなど

ちょっぴり大人、ほどよくモード、

そして、あたらしいメッセージを感じるストアが

表参道に増えていますね。

 

 

 

かぐれ

 

 

 

勝手に

表参道系ナチュラル、なんて呼んでみたり。

 

 

表層的トレンド×記号的ブランド

のミックスではなく

定番感×リラックス感のあるスタイリングは

成熟した感性をもつ

大人の女性にじわじわと浸透している気がします。

 

 

書籍感覚のムック、季刊誌も充実。

ナチュラル&リラックス系の媒体も人気ですね。

 

 

 

シーホ①.JPG

シーホ②.JPG

 

オリジナルブランド、シーホースプを中心に

バイヤーが世界じゅうから探したスペシャルアイテムと

国内のレアブランドがそろいます。

しかも、ヒョウ柄、というサプライズまで!

 

 

 

 

カタログなどのヴィジュアルやインテリアコーディネートは、

デステイルの長谷川さん

(元「ファッジ」編集長)がご担当。

 

シーホ ヴィジュアル.jpg

 

 

 

雰囲気のいいアンティークの什器。

バイヤーがフランスで見つけた素敵な小物たちがぎっしり。

シーホ什器.JPG

 

 

天井が高く、屋根裏部屋のようなスペースも。

シーホ屋根裏.JPG

パリのアパルトマンに住んでいる

ともだちの部屋に遊びにいったような感じ?

(妄想は自由ですよね~)

 

 

 

 

店長は栗林さん。

おや? と気がついたかたは、かなりのファッション通!

ご自身でオリジナルブランドを立ち上げ、

帽子ブームの火つけ役でもあるクリエーターですが

今回の新規プロジェクトに抜擢されました。

栗林さん.JPG

京都出身の、はんなりガール。

クールビューティとはいえ、ぶぶづけはおすすめしませんよ。

(アホや~)

ていねいな応対をしてくれるので

たくさん試着して、お気に入りの1着をみつけてください。

 

 

 

シーホースプ

 

 

 

 

 

★P.S.

  5月15日 日経MJに表参道系ナチュラルについて掲載されました。

 5月16日のエントリをごらんください。

 

 5月16日のエントリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

09/02/27 Fri 14:25

roomsリポート3回めは

アクセサリー&ベルトブランドです。

 

 

 

アクセサリーの2ブランドは、
ともに植物のモチーフにしたデザインが多く、
デザイナーによる
個性あふれるハンドメイド。素材は金属なのに、
どこかあたたかみがあるのは
ものづくりに込められたハートの温度のせい!?

 

 

 

まずは、ラノ・クリエイション。
エデンの園からインスパイアされた作品たち。

ラノ①.JPG

ティアラというアイテムながら
さり気なくてつけられて、いい感じです。

ラノ②.JPG

 

 

 

ラノ・クリエイション

 

 

 

 

 

 


ショッピングのコーナーで大人気! プフッツェの新作は
ちいさな、ちいさなハスの花。
ディテールまで凝っているのにもビックリ。
プフ.JPG

 

イベント情報

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

現在、松屋銀座 7階  遊びのギャラリーにて

「プフッツェ アクセサリー」展を開催中

(3月5日まで)。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

温和な語り口とやわらかな笑顔での応対 (おふたりとも)

ついついお買い上げしてしまうひと続出!?

おうちにつれて帰ると

しあわせな気分になると思いますよ。

 

 

プフッツェ

 (イベントの詳細はブログでごらんください)

 

 

ショッピング

 

 

 

 

 

 

伊勢丹新宿店の販売イベントも好評だった
オーソー。

ブランド名は
ネイティブアメリカンのことばで
植物を意味するそう。
ストーリー性があるプロダクトですね。


ooso①.JPG

ooso②.JPG

今後もオーダーのイベントがあるそうなので
1点ものがすきなかたはぜひ!

 

 

オーソー

 

 

 

 

スズキのroomsリポートはこのへんで。

まだまだお見せしたいブランドもたくさんあって、残念!
改めてご紹介します。

 

 

09/02/26 Thu 01:16

 

roomsリポート2回めは、バッグ&雑貨から。

頼もしいプレス仲間、
フリーランスPR・加藤広美さんがご担当の
オライビをご紹介。

 


雑誌掲載が多く、問合せが殺到しているシリーズ。
グラデーションが美しい新作が追加に。オペークほかで展開。

オライビ①.JPG

 

 

 

伊勢丹新宿店でヒット中の長財布にニューバージョン登場。

オライビ②.JPG

 

 

単なるフェミニンに陥らないような
クリエイティブなデザインと
毒気・色気のあるニュアンスがかっこいい。
いま、ありそうでないですよね。
インポートブランド同様の高感度、高品質を適正価格で提供していて
これからますます人気が出そうなブランドです。

 

 

オライビ

 

 

 

 

2009年2月号の装苑130ページに掲載されている
新ブランド、シス・クー・ド・フードル。
ラフでワイルドなバッグを中心としたコレクションです。
なんと、デスマスクも!
仕事していて、展示会で初めて見たかも?! 
衝撃的!!

バッグ Six coup de foudre.JPG

 

 

 

 

シス・クー・ド・フードル

 

 

 


roomsリポートはまだまだ続きます。

 

 

 

 

ル~ルル ルルルル~ルル♪ 


それでは、ちょっとコマーシャル。
はみだしバッグ情報!


2009ssミニコレクションを発表した
エフィーからの新作イチオシは
人気の"軽リッチ" 系。ウォッシュドラムレザーを使用し、
軽いのに丈夫。しかも2万円アンダーです。

efffy QQSTB-01BR 064.JPG

 

また、ショッピングのコーナーでも
デリバリーの予定があります。改めてお知らせしますね!

 

 

 

エフィー

 

 

 

 

アナックからは
スラッシュドレザーシリーズがデリバリー中。
バーニーズニューヨーク、オディット エ オディールほか
セレクトショップで展開しています。
アナック09ss新作2-4.jpg

アナック

 

 

 

日本のバッグブランドもがんばってます!

ぜひ、応援してください!!

 

 

 

 

09/02/25 Wed 01:45

 

 

合同展示会「rooms」に行ってきました。
毎回違う発見、進化が感じられて
あっという間に時間が過ぎてしまいます。
ナイトタイム開催も希望!

 

 

 


定番カットをパチリ☆

rooms 会場全景.JPG

 

 

なんといっても印象的だったのが、イー・エム。
ちょっと暗いですが・・・。
e.m.看板.JPG

 

いつもディスプレイがすばらしい!
今回は氷をフィーチャー。
移り変わりの早いトレンドのサイクルと、
魅力が変わることがないクリエイションとの対比を
象徴しているようですね。

e.m.①.JPG

e.m.②.JPG

e.m.③.JPG

e.m.④.JPG

 

 

終了時刻寸前だったので、氷が溶けてしまっています。
それが時間の経過を感じさせ、
美しかった。
残り物には福がある、といいますが、
遅くなってしまったけれども、いいシーンと出会えてラッキー!
ただただシャッターを押してしまいました。

 


リポートは続きます。

 

 

 

ニュースのコーナーと
片岡編集長のブログでリポートがアップされています。

とてもすてきですよ!
こちらもぜひごらんください。

 

 

ニュース

「写真とともに振り返る rooms 18」

 

片岡編集長ブログ

「今年も、ルームス熱に感染!」

 

 

 

 

09/02/24 Tue 01:51

先週行われた
サイ 2009-2010 秋冬展示会に

おじゃましてきました。

 

 


DMにも同封されていたヴィジュアルがお出迎え。
パターンを追求するブランドらしい!
サイ 看板.JPG

 

場所は東京・恵比寿のパンゲアソラリウム。
コンクリート打ちっぱなしで
無機質な感じですが、
サイのコレクションが並ぶと
なぜか、あたたかみのある雰囲気になるから不思議。

サイ 外観.JPG

 

 

会場にはたくさんのかたがいらっしゃるなか
装苑をはじめ、

各モード誌でご活躍のスタイリストの竹淵さんと
プレスマネジャー 枝さん
(トゥモローランド看板プレス→ムロフィス 電撃移籍!)を発見。
サイの宮原さんに入っていただき、
両手に花でパチリ☆
サイ 3ショ.JPG

いまの気分にぴったりの

ニューベーシックアイテムがそろっていましたよ。

ガマンできずに

個人オーダーしてしまいました。

秋が待ちどおしい!

 

 

サイ

 

パンゲアソラリウム

 


竹淵智子さんのデジカメ日記

 

 

 

 

 

最新作をお見せしたいところですが、
情報解禁日はちょっと先。また、改めてご紹介します。

 

 

さて、企画スタッフの渡辺さんと話していたら
なんとエイチ・パークの古川くんと文化服装学院で同級生ということが判明。
しかも、隣の席だったとか。
世の中は狭い!
ちなみに、エイチ・パークの新作はこちら。

Hパーク09ss.jpg

ポケットからサスペンダーが! おもしろいスタイリングができそう。

 

 

 

 

エイチ・パーク

 

ショッピング

 

 

 

 

 

そして、もう1つご紹介。
ビームスをはじめ、セレクトショップで人気のメンズブランド、
サージュ・デ・クレです。

 

 

あたりまえのデザインをちがうテイストに、
あたらしいデザインをクラシックなテイストに・・・
ちがうテイストの服、対比するシルエットをくずして合わせる
というコンセプトが明快。
独特のテイストミックスと馴染んだような風合い、
深みのある色出し・・・
ナチュラル、リラックス系のスタイリングにプラスしたいブランドです。

 

 

ドゥー・ズゥ・エム・クラス別注でレディスがあるのですが
今回は女性にも着ることができそうな
アイテムをピックアップ。

ジレ.jpg

チェックジレ¥19950 
欧州の古きよき時代のワークウェアの雰囲気を表現。

 

 

シャツ.jpg

シャツ¥19950 
労働者の代名詞でもあるブルーをフィーチャー。
退色したようなニュアンスが美しい。

 


ともにデリバリー済みの新作です。

 

 

メンズ服ならではの、凝ったディテール、
新鮮なシルエットを体感してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

サージュ・デ・クレ

 

 

 

 

09/02/23 Mon 23:18

 

本日、2月23日発売の
日経MJ(日経流通新聞)16面
"ブームの予感"「デコ服に はまる」
に掲載されました。

 

 


参加メンバーは・・・

 

 

部長・本間園子さんと
オープンクローズ広報ご担当・小笠原侑子さん。

本間さんの作品は
メンズのTシャツに"布用のペン"で
花を描き、刺繍をプラスしたモチーフを衿もとに。
ふんわりとしたなかにも力強さがある
本間さんならではのテイスト。

小笠原さん本間さん.JPG

 

 

 

 

アクセサリーブランド
む く り
のデザイナー、馬場 翔さん。
この日のスタイリングはすべてがユニクロのアイテム。
ユニクロ好き仲間です!
刺繍やパッチワークなどでカスタマイズ。
じつは、文化女子大学に勤務されているんですよ。

OCクリエイタ.JPG

 

 

 

 

ショッピングのコーナーでも人気の
カーマインのお2人は
定番のブローチをたくさんパーカにちりばめて。
いろいろなモチーフがあるので
自分らしくコーディネートできそうです。

カーマイン.JPG

カールスモーキー石井氏プロデュースのユニット 
シャルル(マニアックですみません)を彷彿とさせるような
フォトジェニックでキュートなルック!

 

 

 

 

やはり、ショッピングのコーナーで人気のブランド、
コケットの林きょうこさんと、ロサルガの秋元一彦さん。


林さん(写真右)はGジャンをブリーチ、
アンティーク風に染めたレースを縫いつけ、
さらにブローチをプラス。
秋元さん(写真左)は
ユニクロ春のイチオシ、パーカをペイント・・・ほか
大胆にアレンジ!
コケット.JPG

 

 

参加したクリエイターたちは、楽しんでやっています。
あと、共通している意見は
ユニクロって、
高くないのにしっかりつくられているので、
大人っぽく仕上がる!
クオリティの再認識もできました。


さて、デコ・クロ部のコミュニティもオープン!!
ぜひ、遊びにきてください。

 


つける:装うことの楽しさ、
つくる:ものづくりのおもしろさに気づいてくださる
きっかけになれば・・・うれしいです。

もっとファッションが盛り上がりますように!

 

 


日経MJ

 

OCアイランド


む く り

 

カーマイン


コケット

 

ロサルガ

 

ショッピング


 

09/02/22 Sun 23:39

バレンタインから1週間経ちました。

今年は土曜日だったせいか、週明けにもいただいたり。

うれしいものですね~。

年を重ねるごとにありがたさは重みを増してきます。

ヤマモリ!春のチョコまつり!!

白いプレートがやっと手に入ったような充実感です。

あ~した~春が来たら~♪

 

感謝をこめて、いただいたものをご紹介。

チョコレートだけに全体的にピントが甘いようです・・・

(すみません!)

 

 

 

ナチュラルなパッケージがかわいい。

アクセ入れにもなりそうな(昭和の発想・・・あぁオヤジです)、しっかりとした木箱。
スタイリスト 本間さんより。

本間さん1.JPG

本間さん2.JPG

 

 

 

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのオレンジピールのチョコ。王道!
コケット 林さんより。

林さん.JPG

林さん2.JPG

 

東上野にあるコケットのショップは、パリのパティスリーのような雰囲気。

 

コケット

 

 

 

 


キャラクターものもいいですよね~。食べるのがかわいそう?
カーマイン 沖さん・中村さんより。

トーマス.JPG 

 

渋谷パルコで開催中の渋谷さんか区△に参画?中(後日リポートします)

 

 

カーマイン

 

 

 

 

 

 

世界一のショコラティエ、カラボー! 初めていただきました。贅沢!芳醇!大満足!

表参道ヒルズ 北川さん・百武さんより。


ヒルズ.JPG

ヒルズ2.JPG

 

3周年を迎え、リニューアル。イベントやビッグプロジェクトが続々!

 


表参道ヒルズ

 

 

 

 

 

 


さすがブルガリ!モードを感じさせますね。シックです。これからのお楽しみ。

マルメロのみなさんより。

マルメロ.JPG

マルメロ2.JPG

「お出かけバッグとアクセサリー」展 25日・水曜まで開催中。

 

心弾むお出かけバッグとアクセサリー

 

マルメロ

 

 

 

 

ギフトって個性の表現なんだな、と改めて実感。

打ち合わせがあったのか?と思うほど

(もちろんあるわけがないですが)カブリなしです。

 

 

 


幸福をかみ締めつつ、気がつけば
昨年、買ったジャケットがキツくなっている・・・

ランニングブームだし、走ってみたい、なんて絶対ムリムリ!

ウォーキングならいいかも?なんて思っていたら、
リーボックから

新作のニュースが届きました。

 

2月15日に発売されたばかりの
イージートーン。
歩くだけで筋肉が鍛えられるというスニーカーです。
ジムってなかなか続かないけれど
歩くだけならば、毎日の生活のなかで例えば
会社・学校と家の往復がワークアウトとほぼ同じ状態に?
ならば、忙しいひともチャレンジできますね。

「履くだけのジム」、というキャッチコピーだけでも
効果ありそうです。

リーボック.JPG

画期的な構造で、クッションボールにのっているような状態に。

(写真中央がソール。つま先とかかとに

バランスボール的なクッションが配されています)


試してみたい! 

残念ながらレディスのみ。

5月までキャンペーン実施中だそうですよ。

ホームページでは

ファッション関係者の体験リポートが紹介されています。

きれいなひとも努力しているんですねぇ。

 

 

リーボック

 

 

グルメな女子のみなさんも、セルフトリートの甘い代償を
らくちんに解消してみてはいかがでしょうか?

 

 


 

 

 

 

 

09/02/17 Tue 23:32

2008年12月19日のエントリーでご紹介した

台東ファッションフェア「ザッカデザイン画コンペティション」の

受賞作品が商品化されました。

有楽町マルイ6階 イベントスペース、ディレクターズカットで

開催中の期間限定ショップにて

2月16日月曜から販売されています。

iiiii.JPG  有マル6 1.JPG 

有マル ディスプレイ.JPG

じつは越境入学的?なブランドも参加しています。

チェックしてみてください。

 

 

 

 

台東ファッションフェア

 

有楽町マルイ6階 ディレクターズカット

 

 

 

 

今回は「台東☆クリエイション 若き感性×職人の技」

がテーマ。

伝統的な製法をもとにし、

実際使うものとしての実用性を考慮したうえで

ユニークなアイディアがカタチに!

選出されたデザイン画から、

クリエーターと職人のコラボレーションにより

商品化されたバッグ、帽子、靴、アクセサリーたちは

どこか初々しい印象。

  有マル  受賞作品.JPG 

 

 

併せて、メイドイン台東区のクオリティの高い商品も展示販売。

ニット帽.JPG

こちらは純国産にこだわるニット帽子専門メーカー

によるコレクション。

 

 

 

コミュニケーション&マーケティングを担当している

三竹産業も出品。

有マル6 2.JPG

有マル6  3.JPG

1月のIFFでも好評のベルトを中心に展開。

 

 

 

 

三竹産業

 

 

 

 

 

そして、PRを担当している

1階のエフィーでは

アレキサンダー・ジラルド・バイ・エフィーをはじめ

春の新作がデリバリー。

ショッピングのコーナーでも人気ですよ。

ブログ 0218.JPG

 

 

 

エフィー

 

ファッションジェイピーネット ショッピング

(現在ダブルポイントフェア開催中! 22日・日曜まで!!)

 

 

 

 

 

不景気の波に溺れてしまいそうですが

内需拡大のため、ドメスティックブランドに注目してください!

って、ちょっとプロモーションばかりになってしまい

失礼しました(苦笑)。

 

 

09/02/12 Thu 17:19

もうすぐ、バレンタインですね。
あちこちから
パフュームの♪チョコレイトディスコ♪が
聞こえてきて
思わず踊ってしまった、
というひともいるかもしれません(言い過ぎ?)。

 

今年は14日が土曜なので、
あげるチョコよりも、自分のためのごほうびとして
(「セルフトリート」ってよくききますね)
買うひとも多いみたいです。

そこで、なんでもよく食べるアラフォー雑食男子

(使いかたがちょっとちがう?)が自分用に買ったものをご紹介。

 

 

 

 

● 売れチョコ

 

 

東京と北関東を中心に話題になっている
ガトーフェスタ・ハラダ。
ラスクが人気で、
銀座松屋の売り場でいつも行列ができているな~
と気になっていました。
2008年12月は3坪くらいの小さなコーナーで
1億円の売り上げがあったとか。
この不況の時代にスゴイ! 

売れ売れのいいパワーを取り入れられそう!!
個包装になっていて日もちするので、
仕事でお世話になっているところへお持ちするのにもおすすめです。

ハラダ ラスク.JPG

ピンボケですが・・・
チョココーティングしてあって金粉がトッピング。

 

ハラダ 缶.JPG

バレンタイン仕様での3個入りタイプも。

 

 

 

ガトーフェスタ・ハラダ

 

 

 

 

●マイチョコ

 

 

ごほうびといえば、おなじみデルレイ。
マイ定番です。
フレッシュな状態でいただくことを考えると
3個入りはベストかも。
もらえるのなら、もちろん何個でもウエルカムです!

 

デルレイ 1.JPG

逆チョコにもぴったり! 上品なピンクのパッケージ。

 

デルレイ 2.JPG

おすすめはマンゴーピューレ入りのタイプ(手前)。
ちょっぴりスパイシーで複雑な味でした。

 

 


デルレイ

 

 

 

 


●ともチョコ

 


仲のいい友だちへのプレゼントには、こちら。
かなり乙女な感じですね~。女の子向きだと思います。
コンフィチュールブームの先駆け的存在、
お菓子研究家・いがらしろみさんプロデュースということもあり
フルーツが生かされたカップケーキが多い気がします。

 

ろみさん 1.JPG

フレッシュタイプがセットになった期間限定ボックスをゲット。

 

ろみさん2.JPG

フルーツジャムの酸味と甘すぎない生クリームがマッチしていて
リキュールや素材の香り、味の重なりが絶妙。
ルックスはドリーミン!ですが、しっかりとした大人の味わいでした。
ホームパーティにもぴったり!!


ろみさん 3.JPG

バレンタイン仕様のシンプルなクラシックタイプ1個入りも。

 

 


ファアリーケーキフェア

 

 

 


● やせ?チョコ

 

 

いま話題のウエイトコントロール・チョコレート、
ショコレディ。
きのこキトサンがひとつぶに20ミリグラム含まれ
砂糖、乳脂肪、香料、添加物が一切なしの
ガーナ産カカオ(カカオ分100%)のタブレット。
食事前に5つぶ食べると
その後の油分の吸収をセーブしてくれるそうです。
なんだか効きそうな味?!

 

ショコレディ.JPG

メタボが気になる男子へのギフトにもいいかも。

 

 

 

 

オアカック

 

 

 

 


● チョコ気分のトート

 

 


甘いものはいまちょっとガマン!
というかたにおすすめの
ピエール・マルコリーニのトートバッグ。
コットンキャンバスを使用したシンプルなデザイン。
しっかりとした底板つきの安心設計です。


マルコリーニ.JPG

このほかにA4サイズの大きめサイズと
トリミングの部分がベリー色のタイプもあります。

 

 

 

ピエール・マルコリーニ

 

 

 

 

まもなく迫る決戦の日。
あげるのももらうのも楽しいですね。


男子はブームの逆チョコのふりして自分用に買って
のんびりうちでいただくのもいいですよ。


ハッピーなバレンタインデーをお過ごしください!

 

 

09/02/09 Mon 00:21

 

 

先週、第67回東京インターナショナル・ギフト・ショーが
東京ビッグサイトで開催されました。
これまでなかなか行くチャンスがなかったのですが
今回初参戦。
広い広い会場のたくさんのブースのなかから
東京・下町発信のプロダクトを
一部ご紹介します。

 

 

 

 第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー

 

 

 

 

 

TOKYO LEATHER

 

東京都・東京製革業産地振興協議会によるブース。
昨年、ジャパンクリエーションでの

ファッションショー「ピギーズスペシャル」は、
クリエーターとのコラボレーションが好評でしたが
今回は雑貨を中心に発表されました。
ピッグスキン  看板.JPG

 

 

 

 

 

 

 

レザラボ

 

東京産のピッグスキンを使用し、
日本国内で縫製しているプロジェクト。
ワッフル風の素材感を生かしたデザインワークや
インクジェットプリントと額縁風ディテールの組合せなど
実験的なデザインがいい感じですね。

レザラボ  1.JPG

レザラボ  2.JPG

レザラボ パン.JPG

 

 

 

 

丸ヨ片野製作所

 

キッチングッズをモチーフにしたレザーブランド、
ヴァッセル企画チームが手がけるのは、
おかしなお菓子なシリーズ?
墨田区に2012年開業予定の新タワー、
東京スカイツリーの開業をまえに盛り上がっている
下町の新名物に決定!?


東京スカイツリー


丸ヨ  1.JPG

丸ヨ  2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

第3回TASK(タスク)ものづくり大賞

 

 

東京の下町、台東区、荒川区、墨田区、葛飾区
それぞれの頭文字をとって名づけられたプロジェクト。
この地域は製造業がさかんで、
皮革、金属、ゴム、プラスティックなど、

さまざまな素材を加工。
これらの培われてきた熟練の技術、

高度な技能とあたらしいデザイン力とを結集し、
ライフスタイル提案商品を発信しています。

早稲田大学や東京藝術大学の教授のほか

小売業界関係者による
専門審査会と一般審査会を経て、
選出された入賞作品からピックアップしました。

 

第3回TASK(タスク)ものづくり大賞

 

 

 


単独開発部門大賞受賞 
究極の捺印パッド

 

小さめだけれど、ズレにくい
くっきりと押せるシリコンゴム製のマット。
無機質なデザインが多いなか、
職人さんとのやりとり、
試作を何度も重ねて仕上げたこだわりのフォルムは
女性社長の感性と信念の結晶。
ノベルティとして、とても好評だそうです。

 


株式会社おおかわ

 

TASK.JPG

 

 

 

 

単独開発部門優秀賞受賞 
エム・パッド

 

CDやDVDなどのディスクの
記録面を傷やホコリから保護するディスクカバー。
片手でもワンタッチで着脱できて
スタッキングも可能。
何枚重ねてもズレにくく、くずれにくい仕様。
装着時は厚さ約3ミリとコンパクト。
デスクや部屋がすっきりしそう。

 


株式会社プラスティックアーツ

 


tasuku 2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

サルコ&ユルリク

 

 

台東デザイナーズビレッジ 入居ブランドユルリクと
卒業生サルコの2組が
クリエイーターズコーナーに参加。
たくさんのバイヤーさんに注目されていました。

 

 


MoMA(ニューヨーク近代美術館)などの
ミュージアムグッズをはじめ
インテリアショップで人気のサルコ。
雑誌「雑貨カタログ」の"雑貨オブイヤー2007"で
ボタニカルペンがグランプリを、
ペーパーカップホルダーが審査員賞をダブル受賞。
新作とともにフルラインナップで見ると迫力がありますね!

 


サルコ

 

 

 

サルコ  1.JPG

サルコ  2.JPG

 

 

 

 

暮らしのなかで見つけた
"小さなユーモア"をテーマに活動するユルリクは、
楽しさ、わかりやすさ、そして、
あたらしい驚きをたいせつにしながら
コミュニケーションのきっかけになる文具を発表。
なつかしくも新鮮!
10年20年先も変わらず支持されていそうな
タイムレスな魅力にあふれています。

 


ユルリク

 

 

yururikuひき.JPG

yururiki  より.JPG

 

 

 

ご紹介できなかったすばらしいものたちが多すぎて、

とても残念です!

ジャーナリスト・両国さくらさんのブログでリポートが

アップされています。

しっかりした内容はこちらでどうぞ。

 

 

新・両国さくらのファッション・イン・ファッション

 

 

 

 

東京・下町のものづくりにもっともっと注目してください!!

 

 

 

09/02/06 Fri 02:35

ユニクロのコラボレーションプロジェクト、
デザイナーズ・インビテーション・プロジェクト(略してDI)
2009年春夏コレクション参加デザイナーが発表
されましたね。
昨シーズンでは実施されなかったので
残念でしたが、この春復活! 待ってました!!

今回はスティーブン・アランやオープニングセレモニーなどが参加。
早速、特設サイトをチェックしてみると、
画像がアップされていました。
まさにベーシックだけれど、ハイエンド!
いい感じですね~!!

 

 デザイナーズ・インビテーション・プロジェクト
2009年春夏コレクション参加デザイナー発表

 

 

 

 

 

デコ・クロ部としては
ワクワクした気落ちを抑え切れません。


藤井隆さん(ABC系「藤井陣内のザ・レジェンド」関東ネット希望)のように
ダンスでは表現できませんが
この春、ユニクロのHOT!HOT!!なイチオシアイテム、パーカで
DIなデコ・クロを表現してみました。


スウェットフルジップパーカ(長袖)
2006年AWのDIに参加されていたscyeのピンバッジと
年末年始にオープンしていた
渋谷パルコの時しらず 期間限定ショップのガチャガチャ
ゲットした缶バッジをコーディネート。
デコ・クロ0204.JPG

 

 

 


スウェットフルジップパーカ(長袖)

scye

 

 

 


ガチャガチャ楽しかった!
ほしかったデザインがなかなか出なくて
ついつい燃えてしまいました。
透明じゃなくて、こんな黒い容器に。ちょっとカッコイイ感じです。

DSCN0482.JPG

スタッフさんがおすすめ上手!
気がついたらガチャガチャを10回もやってしまいました。
少年のココロをもっているってことで。
アラフォーですが、何か?

09/02/02 Mon 23:35

文化服装学院 ファッション情報科で同期の

篠崎薫李さんが

PRエージェント、IFCAに移籍したときき

オフィスにおじゃましてきました。

卒業してもう・・・年。

同級生が業界で活躍しているのはうれしいものです。

  DSCN0465.JPG

表参道ヒルズ向かいのすてきなオフィスで

リーボック、Gショックをはじめ、多数のブランドをご担当。

 

 

そのひとつ、携帯オーディオプレーヤーの

アイリバーの最新作は

スワロフスキーを配した音楽プレーヤーとチャームがセットになった

ミュージックチャーム。

伊勢丹新宿店地下2階のイセタンガールでも人気のブランド、

クラスキーとのコラボレーションによるレアアイテム。

1月28日からアイリバーeストアにて限定販売スタート!

DSCN0460.JPG

 

 

偶然、クラスキーのデザイナー・佐藤えつこさんがいらっしゃったので

記念にパチリ☆

右から、IFCAの川島ゆみさん、佐藤えつこさん、

そして今回のコラボアイテムのカバのタイプをもっているのが

(手のみですが・・・)篠崎薫李さん。

DSCN0464.JPG

バッグにつけたり、

デニムのベルトループにつけたりしてもいいかも?

キラキラしていて、かわいくて、とてもハッピーな気分!

自然と笑顔になってしまいますね。

 

 

そして、先日、台東デザイナーズビレッジのセミナーに

参加してくださった

濱松信介さん、今井久美子さんが手がけているブランド、

ラヴチャームから新作が届きました。

ファーから見えかくれするボタン、チェーン、そしてイチゴ!

ポップだけれど、大人っぽい仕上がり。

ギャルとモードのニッチを狙ったポジショニングが絶妙ですね。

このテイストはいまや王道!?

DSCN0471.JPG

濱松さんもファッション情報科の卒業生ときき、ビックリ!

 

卒業式シーズンを目前にして、

うれしいような、しんみりしてしまうような・・・

不思議な気持ちです。

なぜか松田聖子さんの名曲、「制服」が頭のなかをリバースしています♪

現在20代前半のひとにとっては、

生れるまえリリースされた楽曲、ということになりますね。

オヤジ発言、どうぞスルーしてください。80年代ブームということで(笑)

 

トップへ
鈴木 清之

鈴木 清之

Kiyoyuki Suzuki

コミュニケーションプランナー。1969年東京生れ。文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。書籍「東京おつかいもの手帖」や「フィガロジャポン」“おもたせ”企画への参加など“おつかいもの愛好家”としても活動。

クリエーターズ・ブログ 鈴木清之

2015年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
このブログを購読

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam