クリエーターズ・ブログ 文化学園パリ支局

アズディン・アライアのギャラリーでメンフィス展開催

09/11/06 Fri 02:01
マレ地区にあるアズディン・アライアのギャラリーで、
「Memphis Blues」と題された展覧会が開催され、レセプションが開かれた。

Memphis(メンフィス)は、1981年にインダストリアルデザイナーで建築家の
エットレ・ソットサスによって結成され、イタリアを中心に世界中のデザインや
建築に多大な影響を及ぼしたデザイナー集団である。
1970年代の保守的なヨーロッパ家具のデザインとは対照的なカラフルでポップな
デザインが当時の人々に衝撃を与えたそうだが、今見てもその個性溢れる家具は新鮮だ。

展覧会にはグループの中心であったソットサスの作品をはじめ、
この展覧会の演出家でもあるミケーレ・デ・ルッキや
日本人デザイナーの倉俣史郎、梅田正徳らの作品も展示されている。


memphis blues20091105_01.jpg
先ずはアライアさんにご挨拶をさせて頂きました。
昨年の8月には装苑のインタヴューでもお世話になりました。
memphis blues20091105_03.jpg
このスペースはアライアのショーにも使われます。
P1090608.jpg
倉俣史郎作、"KYOTO"
memphis blues20091105_07.jpg
ハビエル・マリスカル作、"HILTON"
memphis blues20091105_06.jpg
エットレ・ソットサス作、"CASABLANCA"
memphis blues20091105_08.jpg
梅田正徳作、"RING"
memphis blues20091105_05.jpg
倉俣史郎作、"NiKKO"
memphis blues20091105_04.jpg
ミケーレ・デ・ルッキ作、"KRISTALL"
memphis blues20091105_09.jpg
ミケーレ・デ・ルッキ作、"RIVIERA"
memphis blues20091105_10.jpg
ミケーレ・デ・ルッキ作、"LIDO"
memphis blues20091105_14.jpg
エットレ・ソットサス作、ガラス細工
memphis blues20091105_11.jpg
大勢の人で賑わう会場入り口
memphis blues20091105_02.jpg
Galerie Azzedine Alaïa
18 rue de la Verrerie
75004 Paris
11時〜19時
入場無料

2009年12月4日まで。


Texte / M
Photos / C

トップへ
文化学園パリ支局

文化学園パリ支局

私たちは文化出版局の発行している雑誌、装苑、ミセスの取材や情報提供などの仕事をはじめとして、文化服装学院、文化学園大学、文化学園大学短期大学部、文化ファッション大学院大学とフランスの色々な機関との交流のお手伝いをしております。

クリエーターズ・ブログ 文化学園パリ支局

2015年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
このブログを購読

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam