2009年7月アーカイブ

09/07/30 Thu 19:46
みなさんこんにちは。

釣り人から釣り道具一式をお借りし、ヤマメを求めて川を上ります。

川は、深い場所でももまで水があり、
流れは速く、油断をすると足をとられそうです。
足元には大小の石があり、一歩一歩、滑らないように慎重に川を上りました。

魚のいるポイントに着くと、釣り糸をその場所にたらし、魚が食らいつくのをじっと待ちます。
その場所にいないと分かると、またポイントを探し川を上る。
それを繰り返します。


「なかなか釣れませんね。」

「そうだな、でも楽しいだろ。」


釣りを始めて3時間、時間はあっという間に過ぎていました。


川を上る.jpg


ポイント.jpg


釣り糸をたらす.jpg



09/07/23 Thu 20:43
みなさんこんにちは。

自然で溢れる場所。
風が気持ちよく、木陰は涼しいです。
涼しいせいか、セミの鳴き声はまだ聞こえません。

3時間ほど歩いた森の奥。
ざーざーざー、という音が聞こえてきました。

とても大きな音ですが、耳をふさぎたくなる嫌な音とは違い、
心が落ち着く、きれいな音です。

その音源を探すと、渓流があり、そこで釣りを楽しむ人がいました。


「何が釣れますか?」

「ヤマメだよ。最近は釣れる数も減ってるがね。よければやってみるかい?」


釣りをしたのは幼いころ。
釣り人の粋なはからいと、久しぶりの体験に、心が躍ります。


渓流.jpg


釣り人.jpg


釣竿.jpg







09/07/16 Thu 19:14
みなさんこんにちは。

郊外の住居の奥には、自然が溢れています。
夏の蒸し暑さは、木々や川の水でやわらいでいます。
舗装されていない道で歩き疲れたら、小川の水で疲れた足を一休み。
小川の水は、予想以上にひんやりとして、とても気持ちがいいです。


小川の水.jpg


小川と緑.jpg




09/07/09 Thu 19:47
みなさんこんにちは。

周りが暗くなり始める頃。

日の強さがやわらいで、太陽のまるい形をはっきりと見ることが出来ます。
今日1日を照らした太陽を見ながら、日が落ちるまでのほんの数十分。

また明日が、素晴らしい1日でありますように。


夕焼け.jpg


夕焼け 2 .jpg


夕焼け 3 .jpg




09/07/02 Thu 19:48
みなさんこんにちは。

森を抜けると、古い民家がありました。
童話に出てくる石造りの家です。
古い昔の家ですが、新鮮に見えます。

この家に住む人は、どんな人でしょうか。
残念ながらお会いすることはできませんでしたが、
きっと素敵な方が住んでいるのでしょう。


古民家 .jpg


古民家 2 .jpg

古民家 3 .jpg




トップへ
太田和義

太田和義

Kazuyoshi Ota

デザイナー。1981年生まれ。2005年、第79回装苑賞受賞後、パリクチュール組合学校・サンディカに留学。留学中、高田賢三氏のブランド「TAKADA」で研修。クラシック・クチュールを基本とした服を展開し、その服作りはヨーロッパのファッション関係者から高い評価を得ている。

クリエーターズ・ブログ 太田和義

2015年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
このブログを購読

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam