2008年12月アーカイブ

08/12/25 Thu 18:22
みなさんこんにちは。

今回も前回に引き続き装苑賞の解説を致します。


前回は"鳩目つき穴かがり"をご紹介しましたが、
もうひとつ、"鳩目穴"をご紹介します。

ベルトを留める小さな穴、
その部分に穴を開けてかがります。

まず、目打ちで穴を開ける位置に印をつけます。

目打ちでしるしつけ.jpg


印を付けた位置をはと目のみで穴を開けます。

穴あけ.jpg


穴が開きました。

鳩目穴あけ終了.jpg


次に穴をかがっていきます。
かがり方は前回解説した鳩目つき穴かがりと同じです。
使用する糸や糸の下準備は前回解説したものと同じです。

穴の周りを細かく縫います。
穴から約0.15mm周りを縫います。

穴の周りを縫う.jpg


1針1針、細かく縫います。

穴の周りを縫う 2.jpg


穴の周りを縫う 3.jpg


次に穴をかがっていきます。
針を穴の下から入れて、

鳩目穴かがり 1.jpg

針を下から通し、
わっかを作り、

鳩目穴かがり 2.jpg


わっかの部分の下から針を入れ、

鳩目穴かがり 3.jpg


糸を右に引き、

鳩目穴かがり 4.jpg


結び玉を作ります。

鳩目穴かがり 5.jpg


この作業を繰り返します。

鳩目穴かがり 7.jpg


鳩目穴かがり 6.jpg


周囲をかがり終えた後、

鳩目穴かがり 8.jpg


裏側の縫い目に針を通し結び玉をつくり終了です。

縫い目に針を通して解けないように玉止めします。

鳩目穴かがり 9.jpg


完成です。

鳩目穴かがり 10.jpg


鳩目穴かがり 11.jpg


全ての工程が終わり、最後に仕上げアイロンをかけます。

仕上げアイロン 1.jpg


アイロンのかけ方1つで服の見え方ががらりと変わります。
職人技が光る重要な作業の1つです。

仕上げアイロン 2.jpg


仕上げアイロン 3.jpg


内ポケットです。
ジグザグの飾りが付いています。
"リックラック飾り"と呼ばれるものです。
見せたい裏地を演出します。

内ポケット リックラック飾.jpg


力ボタンです。
ボタン付け部分の布の補強と、裏の仕上がりの美しさを兼ねたものです。

力ボタン.jpg


裾の部分です。
巻縫いです。
布の断ち目の始末の方法の1つです。
手で縫います。

巻縫い.jpg


奥まつりです。
裏地を表地の伸びに順応させるための方法です。
裏地がつれるのを防止します。
手まつりはミシンで縫い上げるより柔らかく仕上がります。

奥まつり.jpg


裏のボタンです。

裏のボタン.jpg


頭の部分です。
このように仕上げました。

頭の部分.jpg


マヌカンに着せて仕上がりを確認します。

完成 前.jpg


完成 後.jpg

ベルトのバックルです。
革製のバックルを使用しています。
生地の色合いと作品の雰囲気に相応しいものを選びました。

バックル.jpg


頭からかぶるためのコートですが、
ケープのように羽織って着ることもできます。

ケープバージョン.jpg


今回はマヌカンに着せていますが、人が着ると表情ががらりと変わります。
服は人が着て完成します。
着る人によって服のイメージも全く違うものになります。
また別の機会になりますが人が着た時の写真をご紹介いたします。


今回で装苑賞の解説は終了です。
作品を通して1つの服が完成するまでのプロセスをご紹介しましたが、
1着に込められた作り手の愛情といいますか、そういうものが少しでも伝われば幸いです。

服の作り方は千差万別で、色々なブランドの服を見比べてみることで新しい発見があると思います。
またそれを知ることでより服に愛情がわくことでしょう。

デザイナーのこだわりを見つけてそれを共有して、もっと服を楽しんでいただければと思います。

疑問・質問・感想等はこちらのメールまでお願いいたします。
bfbcreation@gmail.com


それではまた次回。






08/12/18 Thu 15:21

みなさんこんにちは。


今回も前回に引き続き装苑賞の解説を致します。



工程分析表に従い各パーツを縫い上げます。


最後のまとめの作業としてボタン穴を作る作業があります。

機械で穴かがりをすることが出来ますが、私は手でかがります。

一針一針丁寧にかがられたボタン穴、

ひとつひとつに表情が生まれて既製品とは違う優しい雰囲気に仕上がります。

今回は手作業で作る鳩目つき穴かがりの解説をしたいと思います。


穴かがりを辞書で調べると、

ボタン穴やひも通し穴などに切込みを入れて丈夫にかがること、

つまり生地に穴を開けてそこを糸でかがることをいいます。

穴かがり一つとっても様々な種類があります。

シャツボタンを留める穴は"両止め穴"、

ジャケットやコートに用いられるのが"鳩目つき穴"、

ベルトのバックルの止め穴に用いられるのが"鳩目穴"、

ジャケットの袖口のあきみせなどに用いられるのが"眠り穴"、

と用途と場所によって色々な穴かがりがあります。

タンスに眠っている服を手にとってそれぞれの穴の違いをを見比べてみると面白いかもしれません。


今回ご紹介するのは鳩目つき穴です。

ジャケットやコートのボタンを留める部分を鳩目穴といいます 。


まずボタン穴の大きさのステッチをかけます。

針目は1m/mで長さは27m/m横幅は3m/mです。


穴を開ける場所にステッチをかけます


鳩目穴ステッチ.jpg



穴を開ける道具です。

左 はと目のみ 丸い穴を開けます

右 のみ ボタンホールカッターとも言います

はと目のみとのみ.jpg


ステッチを入れた中心の位置に、

まずのみで切り込みを入れ、

穴あけ のみ.jpg


はと目のみで丸い穴を開け、

穴あけ はと目のみ.jpg


穴が開き、小バサミで角を落とします。

角落とし.jpg



穴開け終了です。

穴あけ終了.jpg


次は糸で穴をかがっていきます。

糸は絹糸 太さ16号 色番 70

また、糸には撚りがかかっています。

撚りが解けないように糸の摩擦を防ぎ、すべりを良くするため糸に"ろう"をつけます。


糸とろう


糸とろう.jpg



糸に"ろう"をつけて、


ろうつけ.jpg


糸を紙ではさみ、アイロンをかけます。

アイロンを紙の上に置き糸を引っ張ります。


ろうびき アイロンかけ.jpg


ろうをつける前とつけた後を比較すると違いが明確です。


上 ろうびき後  下 ろうをつける前

糸の違い.jpg



下準備が終わり穴をかがっていきます。


針に糸を通し、

裏側から針を刺し、

穴かがり 1.jpg


糸を表に出し、


穴かがり 2.jpg


周囲を縫います。

丸い部分は細かく縫います。

幅は約1.5m/mです。

穴かがり 3.jpg


この状態にして、

次に針を切り込みの下にいれ、

穴かがり 4.jpg


針を下から刺し、


穴かがり 5.jpg


輪の部分に下から針をいれ、

穴かがり 6.jpg


糸を引っ張り結び玉を作ります。

穴かがり 7.jpg


この作業を繰り返します。

穴かがり 8.jpg


結び玉が出来てきます。

穴かがり 9.jpg


こつは、とにかく多く作り慣れることです。

穴かがり 10.jpg


最後の部分は、横に2本、たてに2本糸を渡し、

穴かがり 11.jpg


裏側のかがり目に糸を通して糸がほどけない様に止めます。

穴かがり 12.jpg


最後にアイロンで整えて完成です。

穴かがり 13.jpg


糸の引き方、針の間隔によって形も変わってきます。

機械よりも仕上がりが柔らかく、生地への負担も少ないので優しい雰囲気になります。


次回は装苑賞の作品のまとめをします。


08/12/11 Thu 12:03
みなさんこんにちは。

今回も前回に引き続き装苑賞の解説を致します。


裁断し芯を張った各パーツを縫い合わせていきます。

工程分析表に書かれているように、1着の服が完成するまでの道のりは長く険しいものです。
工程の順序を間違えると時間と労力を割かれ仕上がりに影響します。
そしてどのように仕上げれば美しい服になるかを考えて作業する必要もあります。
手作業とミシンなどの機器を上手く使い服を仕上げます。
今回は袖の工程を例にして作業を解説します。

袖には表袖と裏袖があります。
それぞれを縫い合わせた後それを合体させます。


左:袖裏  右:表袖

袖裏と表袖.jpg


袖の裾は見返しになっています。
カーブのラインをきれいに仕上げるためこの仕立てをしています。

見返しと裏地の境目の縫い代に切り込みを入れています。

裏地と見返しの縫い代.jpg


表地は割りアイロン、裏地は片返しアイロンにするためです。
縫い代の厚みを押さえすっきり仕上げることが出来ます。

表袖と袖裏を合体させます。
ここでは裾を縫い合わせます

表と裏.jpg


裾を合わせて合い印を合わせます。
縫い目の境目など目立つ場所は、1度ミシンで仮止めをするとずれないできれいに縫うことができます。

縫い目を確認し、

裾の合い印.jpg


ミシンで仮止め、3針くらい返し縫いで、

合い印ミシン.jpg


仮止め終了。

仮止め.jpg


ミシン縫いをきれいに仕上げる道具としてサンドペーパーがあります。
縫いずれ、縫いつれをなくしきれいに仕上げることが出来ます。


サンドペーパー

サンドペーパー.jpg


使い方です。
押さえ金で布との間にはさみます。

サンドペーパーと押さえ金.jpg


作業に戻ります。
合い印を合わせて裾を縫います。

裾地縫い.jpg


縫い代を整理します。
カーブしているところには切り込みを入れます。
すっきり美しく仕上げるためです。


切り込み

切り込み.jpg


切込みを入れた後、アイロンで縫い代を割ります。
アイロン道具にも様々なものがあります。
私が主に使うのはこの2つです。


袖まんと仕上げまんじゅう

袖まんと仕上げまんじゅう.jpg


これ以外にも様々なものがあります。
アイロンをかける場所によって使い分けています。

次は裾の縫い代の割りアイロンです。
袖まんを中に入れてアイロンで割ります。

割りアイロン.jpg


割るとこうなります。

割りアイロン後.jpg


切込みを入れた部分がよく分かります。

アイロンで縫い代を割った後、縫い代を整理します。
表側の縫い代は0.4cm、裏側の縫い代は0.7cmに縫い代を整理します。
すっきりきれいに仕上げるための縫い代整理です。
布の厚みや、どういう風に仕上げるかによってこの値も変わってきます。


縫い代整理

縫い代整理.jpg


整理後

縫い代整理後.jpg


縫い代を整理した後ひっくり返します。

ひっくり返す.jpg


ひっくり返し 2.jpg


生地が浮いているのでアイロンで整えます。
整える時に0.2cm裏を控えます。
控えられているほうがきれいにすっきり見えるので裏を少し控えます。
パターン上でこの"控える"という操作をしているので問題はありません。


アイロンで整えて、

アイロンで整える.jpg

裏を0.2cm控えます。

控える.jpg


次は裾にステッチをかけます。
ステッチをかける前にしつけで表地と裏地を縫い止めます。
表と裏をなじませる感覚でしつけます。

袖まんを土台にして生地をなじませながら、
まち針で仮止めをして縫い針でしつけます。


しつけ.jpg


しつけ後。

しつけ2.jpg


裾から5.5cmの位置にもステッチをかけるので案内線の意味も含めてさらにしつけます。
要領は同じです。


しつけ3.jpg


次はステッチをかけます。
サンドペーパーを使いながらステッチをかける生地がずれないのできれいに仕上がります。


ステッチ後

ステッチ後.jpg


ステッチ後、アイロンをかけて表と裏をなじませます。
なじませることが重要です。

アイロンで整理.jpg


つぎは"中とじ"という作業です。
このままだと裏地が浮いてしまいます。
簡単に言うと、中とじは表地と裏地をくっつける、という作業です。
表と裏の縫い代を縫い合わせてくっつけます。
しかしきっちり縫ってしまうと裏地の"遊び"がなくなり着心地に影響します。
裏地の遊びをなくさないためにゆるく縫うことが重要です。


表と裏の縫い代、

表と裏の縫い代.jpg


縫い代の断ち端、合い印をあわせて手縫いします。

中とじ.jpg


裏地の遊びを意識しながらゆるく縫います。
糸が浮いています。

中とじ2.jpg


最後に仕上げアイロンをかけて表と裏をなじませます。
表地と裏地がなじみ、布に柔らかい表情が生まれます。

仕上げアイロン.jpg


袖の完成です。

袖完成.jpg


袖下

袖完成 袖下.jpg


どのように仕上げるかはデザインによって異なります。
全ての作業が一生に残るものなので、妥協なく美しく仕上げる方法を考えて作業することがとても重要です。

次回は縫製とまとめの作業を通して作品の解説を致します。








08/12/04 Thu 15:24
みなさんこんにちは。

今回も装苑賞の解説を致します。


裁断の次は縫製です。

縫製仕様書と工程分析表を記載しました。

縫製仕様書とは、何をどのような方法、順序で作るのか内容を説明したり、規格寸法、素材、パターン、仕立て方、縫製機器、附属品等を細かく記載した書類のことをいいます。


縫製仕様書

装苑賞 縫製仕様書.jpg


工程分析表とは、製品の作り方を分かりやすく説明し、手際よく作業を進めるための作業工程を細かく記載した書類のことをいいます。


工程分析表 記号の説明
装苑賞 工程図記号.jpg

工程分析表 工程1

装苑賞 工程分析表 工程1.jpg



工程分析表 工程2

装苑賞 工程分析表 工程2.jpg


工程分析表 工程3

装苑賞 工程分析表 工程3.jpg


工程分析表 工程4

装苑賞 工程分析表 工程4.jpg



作業工程は100以上あります。
工程は早くてやりやすい方法を考えます。
手際よく正確に作業を進めて完成を目指します。

次回は工程ごとの作業を通して作品の解説を致します。










トップへ
太田和義

太田和義

Kazuyoshi Ota

デザイナー。1981年生まれ。2005年、第79回装苑賞受賞後、パリクチュール組合学校・サンディカに留学。留学中、高田賢三氏のブランド「TAKADA」で研修。クラシック・クチュールを基本とした服を展開し、その服作りはヨーロッパのファッション関係者から高い評価を得ている。

クリエーターズ・ブログ 太田和義

2015年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
このブログを購読

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam