2012年10月アーカイブ

12/10/31 Wed 22:05
多彩な進出デザインが発表される「DESIGNTIDE TOKYO」が今年も開幕しました。
本日は、現在六本木ミッドタウン・ホールで開催中の会場の様子をお届けします。

13-designtide2012.jpg
会場内では、デザイナーの新しいアイデアと作品の展示に加えて、
トークイベントや招待作家の作品発表なども行われています。

2-designtide2012.jpg
まずは、ファッションブランド「シアタープロダクツ」と、長崎県の陶磁器メーカー
「協立陶器」による共同プロジェクト「PORCELAIN WEAR」のブース。
陶器のバッグやアクセサリーなどを展開しています。展示もキュート!

3-designtide2012.jpg
その新作の一つはネックレスホルダー型の花瓶。花を活けることで表情が
変化する面白いアイテム。陶器のアクセサリーはもちろんシアタープロダクツらしい
可愛さがあるのですが、インテリアプロダクトも置いた場所を劇場に変えてくれそう。

誕生から100年以上経った今も、多くの人に親しまれているコカ・コーラの
「コンツアーボトル」。そのボトルを再利用したガラス食器シリーズ「Bottleware」が、
本展で新しく提案されていました。
4-designtide2012.jpg
↓ なじみ深い瓶が・・・
5-designtide2012.jpg
↓ 砕かれて、加熱されると・・・
6-designtide2012.jpg
飲むためのボトルから、誰かとシェアするテーブルウェアへ変身!
この色合いがお好きな方も多いのでは。

8-designtide2012.jpg
デザインタイドでは、実際にプロダクトを手に取り、デザイナーと交流して
購入することができる「タイドマーケット」も展開。
気になるデザインはその場で欲しい!という方にはこちらがお勧め。

10-designtide2012.jpg
マーケットブースから、k2m designの「KATAMAKU」。
これは、東京ドームなどの屋根に使われている膜の端材を、型抜きし、折り重ねた
プロダクト。ペンケースやポーチなど、テントの生地を用いたシリーズは色も鮮やか。
素材感が面白いアイテムです。

12-designtide2012.jpg
同じくマーケットブースから、F&Fの自然の材料をデザインしたシリーズ。
こちらは、本物の花や植物を加工しており、色合いや質感の変化が楽しめる
インテリアやデスク周りのアイテム。

9-designtide2012.jpg
今回の会場構成を手掛けたのは織咲誠さん。多摩美術大学の学生とともに進めた
プロジェクトの様子も紹介されていました。

11-designtide2012.jpg
多摩美術大学の学生作品も展示。こちらは「CAMPER」とのコラボレーション
プロジェクトで、将来のデザイン業界を担う原石の作品がラインナップされています。

この他にも、新たな試みのデザインが幅広く展開されているので
11月4日(日)までの会期中に、ぜひみなさんも足を運んでみて!

(A)

関連ニュース:デザインウィークの注目イベントをご紹介!











12/10/30 Tue 23:45
芸術の秋、10月から11月にかけて東京ではさまざまなアート関連のイベントが
行われています。今日は、渋谷パルコを舞台に、新進気鋭の女子クリエーターの
才能を集め、アート作品の展示をはじめ、パフォーマンスやライブなどを展開した
「シブカル祭。2012 〜女子のミックスカルチャー祭〜」の模様をご紹介します。

2-shibukaru.jpg
渋谷パルコの館内外のイベントスペースやショップ、通路など、至る所に新しい提案を
する作品が並べられていました。ショッピングに訪れて目にした方もいるはず。

11-shibukaru.jpg
もふくちゃんやファンタジスタ歌麿呂らによるプロジェクト「最前ゼロゼロ」と、
ビームス創造研究所によるポップアップショップではChim↑Pomのエリィさんや
でんぱ組.incの夢眠ねむさんとのコラボ商品を展開。床面だけでも通る人々の目を
引き付けていました。

3-shibukaru.jpg
アートだけでなく、読書の秋も。
書店では女子クリエーターが選んだ書籍がラインナップされていました。

4-shibukaru.jpg
メインの展示会場であるパルコミュージアムには多数の作品が登場。

8-shibukaru.jpg
まずは松井えり菜さんと「Theatre Products」のコラボによる
ウーパールーパーモチーフの大型ペイントがお出迎え!
「DOYA!」という作品名通りのインパクト。

9-shibukaru.jpg
ファッションブランド関連では、こちらも注目。
本山順子さんが「MIKO SAKABE」のテキスタイルを用いて制作したぬいぐるみ作品。

5-shibukaru.jpg
会場構成は、klokaの矢島沙夜子さんが街並みをイメージしてデザインしたそう。

13-shibukaru.jpg
篠原奈美子さんによるうさぎのオブジェと、Cui Cuiのフラーワーアートの
コラボインスタレーションも。他にも、映像、平面、立体など、新しいクリエーションが
訪れる人を楽しませてくれました。

14-shibukaru.jpg
パルコの入り口前の公園通り広場では、あらゆるジャンルのアーティストが
次々とパフォーマンスを展開。こちらは、スタイリスト兼ファッションジャーナリスト、
Misha Janetteによるファッションパフォーマンスのラストシーン。
ステージ上に現れたのは、実はファッション業界の著名人の方々。
踊りながらのフィナーレに、足を止めて見入る人が続出していました。

アートだけではない、さまざまなクリエーションが楽しめたシブカル祭。
次回はぜひみなさんも訪れてみて。

(A)

関連ニュース:Chim↑PomやN'夙川BOYSも参加!シブカル祭。が今年も開催

12/10/29 Mon 20:16

文化学園ファッションリソースセンターで開催されている、

「バックルとボタン展」に行ってきました!
risosu.jpg

会場には、長年ビンテージのバックルやボタンを集め続けてきた
当間易子さんの膨大な数のコレクションが展示されていました。

中でも印象的だったコーナーをご紹介したいと思います。

IMG_6272.jpg
こっくりとした色合いのバックルやボタンがずらり。
展示物の上下にあるクルクルのオブジェのディスプレーは、
リソースセンターのスタッフの方々の力作!

IMG_9319.jpg
ビビッドカラーのボタンは、洋服のアクセントになりそう♡


IMG_9442.jpg
エレガントな金具が繊細で美しいコーナー♡


IMG_6895.jpg
さまざまな素材や年代のアイテムが勢揃い!


そして、個人的に特に印象的だったのが、
セルロイドのような薄いプラスチック製のこのバックル。
カラフルでポップなデザインが、会場でもひときわ目立っていました♡
IMG_9694.jpg




コレクションの一部は会場にて販売も行われており、
またとない貴重な機会となっています♡

そして11月2日(金)からは文化祭も始まります!!!!
ファッションショー観覧と合わせて、
是非バックル・ボタンワールドも堪能してきてくださいね!

今後も、文化学園ファッションリソースセンターの展示に注目です♡




「バックルとボタン展」
期間:開催中〜2012年11月16日(金) ※土日祝日、11月5日(月)、6日(火曜)休み
ただし、11月3日(土)、4日(日)は文化祭のため開催
場所:文化学園 ファッションリソースセンター テキスタイル資料室
東京都渋谷区代々木3-22-1 F館 B1F
時間:9:30〜18:30
TEL:03-3299-2181




関連ニュース


(Y)


12/10/29 Mon 20:05
10月27日(土)からスタートした日本最大の舞台芸術のフェスティバル
「Festival/Tokyo 12」。過去4回で述べ22万人の観客を動員した芸術祭が
今年は池袋界隈の文化拠点を中心に、世界の最先端の演劇作品と、
日本の独自の表現が出会う場として展開しています。
3-festivaltokyo.JPG
今回は、多彩なプログラムが展開されるF/T12の中から、週末ごとに異なる
アーティストを企画者として行われるフラッシュモブ「F/Tmob」をご紹介。

フラッシュモブは、メールやSNSなどのネットを通じて示し合わせた
不特定多数の人が、公共空間で突如として同じ行為を行い、散会するというもの。
先週末に行われた最初のF/Tmobは、身体表現と言語を組み合わせた
コンセプチュアルな作品で知られる、フランスの演出家兼振付家
ジェローム・ベルが担当。
1-festivaltokyo.JPG
10月28日(日)はあいにくの雨で、池袋西口公園に隣接する東京芸術劇場が舞台。
公演などを観に来た人々が行き交う劇場のホールにいきなり音楽が流れ、ホールの
周囲から続々と演者が集合。

2-festivaltokyo.JPG
参加者が体現する身振りや、息の合ったダンスがユニーク!
劇場の風景が普段とは様変わり。モブが終了すると、拍手が巻き起こる中
何事もなかったかのように踊っていた人々は立ち去っていきました。

この他にも、Festival/Tokyo 12では多彩な公演やイベントが目白押し!
公式サイト(www.festival-tokyo.jp/)でプログラムやスケジュールをチェックして、
ぜひみなさんも池袋へ。F/Tmobへの参加もお勧めです。

(A)





12/10/26 Fri 21:25
東京・原宿のラフォーレミュージアムで行われた、「Joelle Gagnard」の
2013S/Sコレクションのショーとパーティを兼ねたイベント「tokyo dairiten」。
渋谷のヘアサロン「Bloc」のプロデュースによる本イベントは、入場規制が
かかるほどの大盛り上がり。今回はその様子をお届けします。

1-tokyodairitenblog.JPG
多彩なブランドやショップ、アーティストが参加したイベント。
ファッション、ヘア、音楽、アートなどをミックスさせたショーが披露されました。
サックスの音色と共に幕が開き、映像を組み合わせた妖艶なダンスからスタート。

7-tokyodairitenblog.JPG

5-tokyodairitenblog.JPG
Blocによるヘアスタイリングと、セレクトショップ「CANNABIS LADIES」による
スタイリングのランウェイショー!可愛さとともに、刺激的な魅力で
観客を惹きつけていました。

9-tokyodairitenblog.JPG
ポールダンサーのダイナミックなパフォーマンスも!
間近で見ると迫力満点!

12-tokyodairitenblog.JPG
普段は入ることが出来ない、ラフォーレ原宿の屋上を初開放!
edenworksによるインスタレーションが展開されていました。

13-tokyodairitenblog.JPG
こちらも屋上にて、MIRRORBAWLERの展示。

2-tokyodairitenblog.JPG
独自のスタイルを追求するBlocらしい、ファッションやヘア、音楽など
多彩なカルチャーをミックスさせた盛りだくさんな一夜でした。

(A)



12/10/25 Thu 21:30
現在、ラフォーレミュージアム原宿で開催中の、デザインとアートとプロダクトの
合同展示会「場と間」にお邪魔してきました。
本展は、バイヤーや関係者に限らず一般の方も入場でき、"買える"展示会という
新しい試みも取り入れています。明日10月26日(金)~28日(日)が一般開放に
なるので、一足早くその様子をお届けします。

1-batomablog.jpg
3回目の開催となる場と間は、今回は"Market"がテーマ。

14-batomablog.jpg
会場に入ると、クリエーターがテーマを表現したインスタレーションがお出迎え。
それぞれの作り手の目にはマーケットがどのように映っているのかが伝わってきます。

8-batomablog.jpg
展示販売のブースは4つのジャンルに分かれています。
まずは、場と間ディレクターによる「BAtoMA AREA」。
多くの人で賑わうこのエリアには、若手作家が手掛けるクラフトブースを新設!

7-batomablog.jpg
2つ目は、民族、ミックススタイル雑貨を世界から集めた「ETHNIC AREA」。

9-batomablog.jpg
家具や店舗什器を集めた「FURNITURE AREA」は、ショップ作りにも適したアイテム
が並べられています。おしゃれな照明なども並んでいるので、インテリアを考えている
方にもぴったり!

10-batomablog.jpg
最後は、国内外のプロダクトを集めた「PRODUCT AREA」。
食器、アクセサリー、キャンドルなど、気軽に手に取れるアイテムも豊富です。
個々のブランドやクリエーターの作品は実際に見て、手に取ってみてください。

3-batomablog.jpg
個性的なクリエーションは、見ているだけでも楽しいのですが、やはりその場で
買って帰りたいかたも多いはず。多くのアイテムが購入もできるので、
そんな方にもお勧めです。19:00まで(最終日は~17:00)開催しているので、
原宿に出かけた際はぜひ立ち寄ってみては。

WEB:www.batoma.com/

(A)







12/10/16 Tue 11:05
週末を利用して、長野県松本市の松本市美術館へ行ってきました!
現在、草間彌生さんの「永遠の永遠の永遠」展が開催中です。

今回の展示は、写真撮影がOKの場所もあったので
写真を交えながらご紹介します!

entrance.jpg
美術館に足を踏み入れると、敷地はクサマ色に染まって
館全体がまるごとジャックされています!

maboroshinohana.jpg
こちらはエントランスの「幻の華」

kabotya.jpg
屋外には、草間さんの作品としておなじみの南瓜も!

yayoityan.jpg

rinrin.jpg

会場に入ると、巨大なバルーンの「ヤヨイちゃん」と「リンリン」が
出迎えてくれます。

dot01.jpg

dot02.jpg
こちらは「新たなる空間への道標」。
真っ赤な空間に白のドットが生え、クラクラしてきます。
作品には草間さんのサインも。

tyurip_dot.jpg
こちらは「チューリップに愛をこめて、永遠に祈る」。

この他にモノクロの線画作品の「愛はとこしえ」シリーズの連作も今回の見所です。
50点からなる絵画シリーズで草間さんが3年間で一気に描き上げたものだそう。
今までの、水玉や網目模様のイメージから変化し、様々な顔や生き物が
登場しており、新たな一面が垣間見れます。
カラフルな色使いの印象が強かっただけに、こちらの作品たちは
また違う形の強い力と印象を受けました。

さらに、「愛はとこしえ」の表現の世界に色彩が加わった
「わが永遠の魂」シリーズは、草間さんの最新作。
所狭しと描かれたカラフルな、線、水玉、生き物が
いまにも飛び出してきそうな印象。
こちらのシリーズは会期中に、新作が追加される可能性もあるのだそう!

松本市出身の草間さんがふるさとで見せる最新展示は必見です!
会期は、11月4日(日)までと、まだ余裕があります。
日帰りで、楽しむ事もできるので皆さん、是非足を運んでみて下さい。


(M)
12/10/09 Tue 20:04

最近突然冷え込んできて、
冬がくるのをひしひしと感じますね。
私は夏が好きなので、ちょっぴり憂鬱です...

そんな本日は、
9月29日に原宿のVACANTで開催された、
「note et silence.」の8周年を記念するイベント
「note et sort.」の模様をお届けします!

このイベントは、午前中から夕方までのマーケットと、
夜から行われるパーティーの2部構成。

6組のクリエーターが出店した、
1部のマーケットの様子をご紹介します。

2012-09-29 12.56.42.jpg

こちらは、「note et silence.」オリジナルの生地を実演販売しているブース。


2012-09-29 12.56.3.jpg

こんなにたくさんの過去のテキスタイルは
どれも見ても、買っても楽しめます。


2012-09-29 12.55.4.jpg

主催の「note et silence.」による、
サンプルセール、秋物新商品を販売したブースは、
大勢の人でにぎわい、不動の人気!
ゆっくりとお買い物を楽しめる空間を演出。


2012-09-29 12.59.25.jpg

熊谷彰博さんが手がけるアクセサリーブランド。

「金の葉のオーナメントアクセサリ」。
葉っぱのホワイトとゴールドの絶妙なバランスや、華奢な葉っぱがとても魅力的。


2012-09-29 12.59.37.jpg


続いてこちらは、さてなんでしょう。

シルバーとゴールドのシンプルだけれども
繊細さがステキなブレスレット。

なんとこちら、
輪ゴムをモチーフに作られているのです!


2012-09-29 12.48.56.jpg

賑やかな男性2人が登場!
こちらはTシャツブランド「ALL MY T」のメガネが似合うステキなおふたり。
Tシャツのグラフィックをよーく見ると何か見えてくるはずです!

左は馬、右は翔
おふたりの名前の1文字をグラフィックにしたTシャツ。


2012-09-29 13.02.5.jpg


先程のTシャツはこちらの実演で制作されたもの。
世界にひとつの自分がデザインするTシャツやエコバックが作れます。

作って楽しめ、買って満足のステキな企画♪

2012-09-29 13.01.50.jpg

「ALL MY T」では、Tシャツのデザイン人気投票が行われ、
一位に輝くとそのデザインのTシャツが販売されます。

私ももちろんお気に入りを投票してきました。
何が販売されるかわくわくしますね♪


2012-09-29 12.57.2.jpg

展示や販売のプロジェクトを行う「novelax」では、
ノートの量り売りが行われていました。

自分の好きな形や大きさにその場でカットしてくれます。


2012-09-29 12.59.05.jpg

ノートのカバーが
秋を感じさせるきれいな色合いですね〜
ぜひ形にこだわったノートを作ってみたい!

2012-09-29 13.05.00.jpg

こちらは、スイーツをモチーフにした
アクセサリーブランド「ROTARI PARKER」。

今にも食べてしまいたくなるような、
おいしそうなスイーツのアクセサリーにはうっとり♡


2012-09-29 13.05.19.jpg

上部分はパンの耳を樹脂で固め、パールをアクセントにした
パン耳ピアスの数々。
大きさ形どれも違い、全てが1点物になっています。
パンの耳でも、どこを取るかで全然違った雰囲気をだします。

下部分は、プレッツェルやビスケットなどを加工した
乙女心くすぐるお菓子がいっぱい!


2012-09-29 13.05.29.jpg

最後にポップコーンシリーズ。
ポップコーンにパールのついた存在感あるアイテム。
こちらも、形や大きさによってそれぞれ異なる姿に。


2012-09-29 13.05.43.jpg

左が「aoki yuri」のデザイナーのアオキユリさん
右が「ROTARI PARKER」のデザイナー広田理恵さん。

「ロタリパーカー」と「アオキ ユリ」による
「ROTAYURI PARKER(ロタユリパーカー)」のアイテムがこの秋からスタート!

たくさんの「ROTAYURI PARKER」アイテムを身に付けられ、
とってもお似合いでした♡

ただいま、「ROTARI PARKER」は、
西武渋谷店で3組による、
合同期間限定ショップをオープンしています!

詳しくはこちらをご覧下さい☞
http://fashionjp.net/shop-open/seibu121005.html


2012-09-29 13.11.01.jpg

ケータリングは、『装苑』でもお馴染み「TORi」による、
自家製ジャムを使ったクレープ屋さんが登場!


2012-09-29 13.07.5.jpg

クレープの他にも
チャイやワインなどのドリンクも充実♪


2012-09-29 13.13.2.jpg

ラムレーズンやイチジクなど珍しい種類のクレープが揃うなか、
私は、サーモンとクリームチーズに
自家製の玉ねぎジャムがトッピングされたクレープをいただきました。
もちろんおいしいの一言!


2012-09-29 13.07.46.jpg

おいしいドリンクとクレープを作ってくださった
「TORi」の鷲巣麻紀子さんと岡本雅恵さん。

今後も、どこのイベント会場で出会えるか楽しみですね♪


そんな昼間のイベントは
大勢のお客さんで賑わいました。

次の「note et sort.」のイベントも待ち遠しいですね。
みなさん次回もぜひ足を運んでみて!

関連ニュース☞
「note et silence.」8周年記念イベントがVACANTで開催!
http://fashionjp.net/event/noteetsort120928.html


(N)

12/10/02 Tue 14:29

「テラリウム」という言葉を聞くと、
ガラス容器に閉じ込められたその小さな世界のことを想像して、
わくわくする。

どんなテーマで、どんな気持ちを込めて作られたのだろう?


そんな心ときめく「テラリウム」の展示がROCKETで開催中です。
なんと、会期は、今日まで!!(お時間あるかたはぜひ〜)

フラワーアーティストやモデル、刺繍作家など11組のクリエーターが参加し、
オリジナルの「テラリウム」の世界を作り上げています。


IMG_2446.jpg

e.m.「共存という名の戦い」

アクセサリーブランド「e.m.」が制作したテラリウムは、
このブランドらしい遊び心が表現されたちょっとシュールな作品。
食虫植物ウツボカズラとスタッズバタフライの戦いはいかに...。


IMG_2448.jpg

有本ゆみこ「ちゅきゅうの緑がしめつしてしまうまえに」

「sina」を手掛ける刺繍作家の有本ゆみこさんの作品。
成長したヒヤシンスは、その根を数々の鮮やかな刺繍糸に絡ませて、
いつか美しい花を咲かせる、はず!


IMG_24500.jpg

KIKI「海 夏の終わりに」

モデルのKIKIさんの作品は、夏の思い出がテーマ。
貝がらに耳をあてると海の音が聞こえてくるように
小さなガラスの中で、海の音と香りがそっと漂うようなイメージに。


展示会の詳細は、ROCKETのサイトから!
www.rocket-jp.com
装苑ONLINEのROCKET ブログでも、テラリウム展のことを
書いていただいています。ありがとうございます!
fashionjp.net/soen/blog/rocket/2012/10/01/672/



《おまけ》

展示におうかがいした日はちょうど、
衣服生物学研究所のワークショップも開催されていました。
オリジナルのテラリウムを簡単に作ることができるということで
私も挑戦してみることに!

IMG_2456.jpg

まず、テラリウムに入れる植物選びから。
液体(保存用オイル)を入れることをイメージして作ります。


IMG_2457.jpg

どきどき...


IMG_2461.jpg

完成♡
小さなお花(名前を忘れてしまいました...)や海藻、ユーカリを
組み合わせて、プチブーケのイメージで。

やっぱりものづくりは楽しい!


(O)



トップへ
FJPスタッフ

FJPスタッフ

ファッションが好き。ミーハー。オタクっぽい。かわいいもの好き。こだわるくせに飽きっぽい。一見クール。さまざまな個性が集う、fashionjp.net編集部です。私たちスタッフの日々の仕事をめぐる裏日記!?をパーソナルな視点で書いていきます。 取材のこぼれ話、出会い、気になるもの、ショッピングをめぐるトピック、などなど。

クリエーターズ・ブログ FJP スタッフ

2015年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
このブログを購読

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam