2012年5月アーカイブ

12/05/31 Thu 23:50

『装苑』7月号でも告知しましたが、
fashionjp.netではひさびさに新連載がスタートしました。
その名は、「everyday Ribbon リボンがなくちゃはじまらない!」。
アーティスト松本りあんさんとの企画です。
http://fashionjp.net/everydayribbon/


01-1.jpg


松本りあんさんは布を使って様々な表現方法を行ってきました。
その活動の一つが、リボンを毎日作り続けるプロジェクト。
そして、毎日更新し続けるWEBサイト(fashionjp.net)。
とっても似ているような、でも似ていないような...
この2つの出会いから、今回の企画が生まれました。

これから毎日、リボンを1個ずつ紹介していきます。


まずはじめの30日間は、東京・青山のヘア&ネールサロン「Dot+LIM」と
東京・原宿のヘアサロン「CODE+LIM」とコラボレーション!
かわいいサロンスタッフにも注目してください♡

6月14日まで、読者プレゼント企画も実施中です。
http://fashionjp.net/everydayribbon/everydayribbon120531.html


さらなるエピソードはまた次の機会に。


(O)


12/05/22 Tue 21:27
今日は「東京スカイツリー®」がついにオープン!

3ソラマチブログ.jpg
世界一の自立式電波塔は、東京の新名所として話題沸騰ですね。
最寄りの押上駅から出てスカイツリーを見上げると、やはり634mは高い!

今回は、その足元にオープンした商業施設「東京ソラマチ®」の、
オープニングレセプションにて見つけた、おすすめショップをお届けします。

4ソラマチブログ.jpg
一つ目のおすすめは、アッシュ・ぺー・フランスの新業態「TOKYO10月 H.P.FRANCE」。
アーティストD[di:]やwoodpeckerによるスカイツリーモチーフのアイテム、
店舗ロゴをデザインしたフランス人アーティスト、マティス・ロベールがジャポニズムを表現したマグカップなど、
遠方から訪れたかたはもちろん、江戸っ子も満足できる品揃えのギフトショップ。
ショーウインドウには、浅草の老舗「山崎屋源七提灯店」による手描きの提灯がずらりと並び、
皆さんをお出迎えします。アルゼンチン発の「Tramando(トラマンド)」のデザイナー
Martin Churba(マルティン・チュルバ)が手掛けたキュートな制服も素敵!

5ソラマチブログ.jpg
続いては、「Q-pot.東京スカイツリータウン・ソラマチ店」。
スウィーツショップをイメージした店舗の可愛さもさることながら、やはり注目は限定アイテム。
「東京スカイツリータウンマカロン」はスカイの"ブルー"とツリーの"グリーン"をイメージした
爽やかな一品。ストラップ¥5,565、ネックレス¥8,400、バッグチャーム¥6,090の3種類で展開。
また、スカイツリーキーホルダー(右上)に加え、"スイカ"ツリーのユニークなキーホルダー(左上)も!
お土産にも喜ばれそう。

10ソラマチブログ.jpg
お土産つながりでは、「merrifactury(メリファクチュリー)」のアイシングクッキーもおすすめ。
"ありがとう"や"ごめんね"、"おめでとう"など、メッセージが込められたクッキーは、
なかなか言い出せないことも、あなたの代わりに届けてくれるかもしれません。
ユーモアたっぷりのクッキーは、豊富なバリエーションも魅力。

2ソラマチブログ.jpg
ショッピングの合間には「Lemson's(レムソンズ)」で一息ついてみてはいかがでしょうか。
こちらは、セレクトショップ「BEAMS(ビームス)」が手掛ける新業態のアイスクリーム店!
店内の10種類のアイスクリームと4種類のフローズンヨーグルト、24種類のトッピングから
好みの盛りつけで、オリジナルスイーツを100グラムあたり350円で、自由に作れます。
店内に設置された自動販売機で、トートバッグやハンドタオルなどのオリジナルグッズも展開。

11ソラマチブログ.jpg
カフェやフードコーナーも充実の東京ソラマチ®。
中でも、フィンランドを代表する『ムーミン』の世界観が味わえる
「moomin House Café(ムーミンハウスカフェ)」は一押し。
フィンランドで有名なブルーベリーコーヒーや、童話に登場する「ニョロニョロ」を模ったドーナツなど、
ここでしか味わえないメニューもあるので、訪れた際はぜひ。

このほかにも東京ソラマチ®には魅力的なショップが満載で、
開業記念アイテムや、限定商品もたくさん揃っている今行ってみては。


関連ニュース:東京ソラマチ®に「ムーミンハウスカフェ」が世界初登場!
関連ニュース:東京スカイツリータウン®内にオープン「東京ソラマチ®」
関連ブログ:東京スカイツリー限定のおしゃれな「東京ばな奈」!?

(A)







12/05/21 Mon 23:47

待ちに待った「東京スカイツリー」のオープンもついに明日!

展望デッキから東京の街を眺められるのは
いつになるのかな〜と遠い目をしつつ、、
先週25日に、商業施設「東京スカイツリータウン・ソラマチ」の
オープニングレセプションに行ってきました。


レポートは後日アップしますが、
当日ツイッターに投稿して物議をかもした
あの話題を再びお伝えします。

それは、東京土産の定番!
「東京ばな奈」の東京スカイツリー限定バージョン。
その名も、「東京ばな奈ツリー」。
(そのまま!?)


581740637.jpg

そのルックスは、おしゃれ!?なレオパード柄。
奇をてらった外見とは裏腹に、味はチョコバナナとのこと。
おいしそう!!


結局、素通りできずに「東京ばな奈ツリー」購入しました♡

IMG_1254.jpg

通常の東京ばな奈と同じく、ふわっとした食感、のはず。
というのも、編集部で山分けしたため、
もったいなくてまだ食べていません。。
味のレポートはまた今度。。

東京スカイツリーのお土産として
ご家族やお友達にプレゼントすれば話題になること間違い無しです!


さらなる詳細は公式サイトをご覧ください。
お店には、おみくじマシン「スーパー中吉おみくじ」もありますよ。
http://www.tokyobanana.jp/info/banana-tree.html


(O)


12/05/11 Fri 16:50
ニュースページでもご紹介した、
「NIKE(ナイキ)」の裸足感覚シューズ「NIKE FREE」をテーマにした、
インタラクティブな経験ができるミュージアム
「THE SUPER NATURAL RIDE/野生のつよさをよびさませ。」の
プレスプレビューに行ってきました。

修正NIKEFREE1.jpg
NIKE FREEの最新テクノロジーを象徴する"サイエンス"と、
裸足ランニングという人間の"自然の姿"を融合させ、
新しく生み出されるダイナミズムを表現した今回の展覧会。
会場入り口で出迎えてくれるロゴをかたどったオブジェも迫力があります。

ミュージアムの中では、最初にシューズについての映像で
仕組みや魅力を説明してくれます。シューズには3つの大きな特徴、
"軽量性(Lightness)"、"柔軟性(Flexibility)"、"機能美(Functional Design)"があるそう。

修正NIKEFREE2.jpg

そして、展示スペースに進んでいきます。
今回は、現代の東京アートシーンをリードする面々が
実際の経験を通して特徴を感じられる作品を披露しています。


修正NIKEFREE3.jpg
まずはaircordとNAMが"軽量性"を表した作品。
スクリーンの前に足を進めると人型のキャラクターが画面上に登場!
こちらの動きに合わせて軽やかに画面内で動きます。
ダンスゲームの進化版といった感じで、
ある特定の動きをすると、特別な表現が見られるそう。
ゲームの裏技的な感覚ですね。

修正NIKEFREE4.jpg
二つ目は"柔軟性"をA4AとYKBXのタッグが表現。
暗闇の中にオブジェと、5色に光る台が設置。
台上には「BEND シューズを曲げよう」といった指示とシューズが置かれています。
その指示に合わせてシューズを動かしたり、曲げたりしてみると・・・
続きは会場でのお楽しみ。


修正NIKEFREE5.jpg
3つ目の"機能美"はmagmaとSo Kannoが手掛けています。
コミカルでワクワクが詰まった作品は、ピタゴラスイッチ的な玉転がし装置。
一つ一つ機能を持った装置が絡み合い、完全体を作り上げる様子は、
まさに全てのカーブに意味があるNIKE FREE。
さまざまな動きや効果に、みなさんも驚いて頂きたい。


修正NIKEFREE6.jpg
展示を抜けると、ここまでに体験したシューズを買うことができる
ポップアップストアが設置されています。
機能美はもちろんのこと、豊富なカラーバリエーションで足元を彩ってくれるのが魅力!

修正NIKEFREE7.jpg
さらに、普通のカラーリングや見た目では、もの足りないかたに向けて、
オリジナルの一足を作ることができるNIKE IDも併設。
イニシャルの刻印もできるので、自分だけのNIKE FREEをゲットしてはいかがでしょうか。

展示や販売に加えて、会場全体の制作にも、
サウンドデザインにヒップホップ・ビートプロデューサーのBudaMunk、
グリーンデザインにフラワーアートユニットのplantica、
現場設計にインストゥルメンタル・ロックバンド「toe」のギタリストでもある
Metronome inc.の山嵜廣和さん、
Concept Conception*inc.のアートディレクション、
プロデューサーにANSWER Inc.といった具合に、豪華な面々が参加し、
クールな空間に仕上っています。

さらに、国内外で多数の賞を受賞しているSemitransparent Designが
手掛けたウェブサイトもオープンしているので
チェックしてから六本木ヒルズの会場に出かけてみて。


「THE SUPER NATURAL RIDE 野生のつよさをよびさませ。」
期間:2012年5月11日(金)~6月3日(日)
場所:六本木ヒルズ 大屋根プラザ
東京都港区六本木6-10-1
時間:11:00~21:00
問合せ:「ナイキジャパンお客様相談室」 TEL 0120-500-719
WEB:nike.jp/nikefree/supernaturalride/

関連ニュース:NIKE FREEをテーマにしたインタラクティブミュージアム開催

(A)

12/05/02 Wed 13:35
この春、東京ではさまざまな店舗や商業施設がオープンラッシュを迎えています。
今回は、4月26日(木)に開業した、渋谷駅直結の「Shibuya Hikarie(渋谷ヒカリエ)」をご紹介!
先日、「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」が2013年春夏コレクションから、
メイン会場を渋谷に移し、渋谷ヒカリエを拠点にすると発表したことでも話題のスポット。
新たなランドマークの姿を見ていきましょう。

ヒカリエ8外観.jpg

渋谷ヒカリエは、地下3階から5階のショッピングエリア「ShinQs」、
6階と7階のカフェ&レストランエリア「dining6」と「TABLE7」、
8階のクリエーティブスペース「8/」、9階と10階のイベントホール「Hikarie Hall」、
11階から16階は7月18日オープン予定の劇場「TOKYU THEATRE Orb」、
17階から34階のオフィスフロアという構成。

豊富なラインナップが魅力のショッピングエリア「ShinQs」は、
ターゲットの"自己編集力のある大人の女性"に向けて、オフィスや休日のお出かけ、
家でのリラックスタイムなど、シーンに合わせて幅広いアイテムが揃います。
その中から、おすすめショップをピックアップしてお届けします!

ヒカリエ5today.jpg
今日という日を特別な日にしてくれる「トゥデイズ スペシャル」は、
旬を贈る楽しさに出会える雑貨をセレクト。
写真のように、味のある雑貨をボックスに詰めてギフトにしたら喜ばれそう。

ヒカリエ3ラムフロム.jpg
草間彌生さんや奈良美智さんなど、現代アーティストの作品をモチーフとした
アートグッズやプロダクトを手掛けるショップ「ラムフロム」。
草間さんの水玉など、象徴的なモチーフがお店に誘ってくれます。

ヒカリエ7コンランショップ.jpg
厳選されたインテリアアイテムを扱うザ・コンランショップが
キッチンにフォーカスした「ザ・コンランショップ・キッチン」。
キッチンアイテムに加え食品やワインまで多彩な品揃えで、
おしゃれに料理が楽しめそう。店内の厨房施設では試食会なども開催予定。

ヒカリエ2メイク.jpg
雑貨以外にも、
渋谷らしいエッジのきいた服や少し大人っぽい格好も楽しめる展開のファッションフロアや、
女性には嬉しい、2フロアにわたるコスメやビューティーコーナーなども充実。
地下のフードフロアには、ミシュラン三ツ星シェフのジョエル・ロブション氏が手掛ける
パン専門店「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」や
アメリカ生まれのアイシングクッキーメーカー「ベリーデコ」など、
味はもちろん見た目にも美味しいフードが並びます。

ヒカリエ6 8.jpg
さらに、8階にオープンしたクリエーティブスペース「8/」は、
ギャラリーやワークスペース、カフェ、デザインショップなどから構成される、
新しいスタイルのアートスペース。こちらは後日ニュースページで改めてご紹介します。


開業したての今ならば、限定商品やオープニングイベントなどの楽しみもあるので、
ゴールデンウィークのお休みに訪れてみてはいかがでしょうか。


「渋谷ヒカリエ」
場所:東京都渋谷区渋谷2-21-1
時間:「ShinQs」 10:00~21:00
    「カフェ&レストラン」 11:00~23:00
    「クリエイティブスペース8/」 11:00~20:00 ※一部店舗は23:00まで
問合せ:渋谷ヒカリエに関して TEL 03-5468-5892
     ShinQsに関して TEL  03-3461-1090
WEB:www.hikarie.jp/


(A)




トップへ
FJPスタッフ

FJPスタッフ

ファッションが好き。ミーハー。オタクっぽい。かわいいもの好き。こだわるくせに飽きっぽい。一見クール。さまざまな個性が集う、fashionjp.net編集部です。私たちスタッフの日々の仕事をめぐる裏日記!?をパーソナルな視点で書いていきます。 取材のこぼれ話、出会い、気になるもの、ショッピングをめぐるトピック、などなど。

クリエーターズ・ブログ FJP スタッフ

2015年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
このブログを購読

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam