2010年10月アーカイブ

10/10/29 Fri 23:41

「INVITATION to OPEN YOKOHAMA 2010」
プレスツアー・レポートつづき

▼キャンペーン概要▼
▼レポート① 象の鼻テラス▼
▼レポート② 黄金町バザール(終了)▼
▼レポート③ 続・黄金町バザール(終了)▼
▼レポート④ 横浜三塔周辺▼


途中、東コレのレポートを挟んでしまい
ごっちゃになりましたが。
いよいよこのイベントも11月3日で千秋楽。
まだまだ紹介したい話はたくさんありますが、
今回でこのシリーズ、最終回にしたいと思います。


まず、「BankART1929」というのは、
銀行の統廃合により使われなくなった歴史的建造物を
アートの面で活用できないか?というプロジェクト。
2004年、二つの元銀行の建物を活用してスタートしたことから
名前の由来は「Bank(銀行)」+「ART(芸術)」。
そしてその建物はどちらも1929年に建てられました。


RIMG2967.jpg

その中心的な活動拠点が、「BankART Studio NYK」で
そこで行われているエキシビションが
「朝倉摂展 アバンギャルド少女」です。


RIMG2970.jpg

88歳を越えてなお現役で、国内外を駆け巡り、
舞台芸術の世界で確固たる地位を築いてきた
舞台芸術家・朝倉摂さんの大規模な個展が行われています。

BankArt Studioの8ブロック(1ブロックは350平米)に、
古典、現代劇、BankARTシアターなどの舞台を組み、
その舞台そのものを展示するという画期的!なもの。

写真上は、2分の1スケールの舞台セット。


RIMG2974.jpg

ここは今回新設されたBankARTシアター。
プレスツアーのときはまだ工事中でしたが...。
ここで実際にパフォーマンスも行われます。
公演情報はオフィシャルサイトでご確認ください。


RIMG2975.jpg

上の上の写真のセットで、実際に行われた公演の写真。
舞台模型やドローイング、絵本原画、本の挿絵、写真、映像なども
併せて展示されています。


Information
期間:開催中〜2010年11月7日(日)
場所:BankART Studio NYK
   神奈川県横浜市中区海岸通3-9
時間:11:30〜19:00
観覧料:一般¥900(700)、学生¥600(400)
    横浜市民は半額、高校生以下65歳以上無料
    ()内は、10名以上の団体割引
TEL:045-663-2812



RIMG2980.jpg

ちなみに...
横浜ではこのような試みがたくさん行われていて、
例えば東京芸術大学大学院馬車道校舎も
元々は旧富士銀行の建物だったそう。



そして最後の最後に!
横浜市役所もアートの展示会場としてオープン。


RIMG2992.jpg

アーティストの本間純さんが
市民から集めたカーテンなどを素材にし、
風をテーマにしたインスタレーションを市民広間で展開。
こちらは11月2日(火)まで。時間は、8:45〜17:15。
詳しくは、http://www.invitation-yokohama.jpをどうぞ。

このプレスツアーでは横浜のキレイな部分だけでなく、
あっと驚くような暗くてディープな一面まで見ることができました。
会期が終わるまであと少し。
今週末、実際に訪れて、ぜひ体感してみてください。
(でもデザインウィークもあるし...忙しい週末になりそう!)


(O)



10/10/26 Tue 17:28

遅くなりましたが、
東京コレクション・ウィーク3日目のレポートを。

今日はショーは控えめに、
合同展示会をまわろうと思っていたのですが...
(思うように行動できず...)



15:30「PHENOMENON」at 東京ミッドタウン

IMG_5249.jpg

東京のモードシーンは、メンズが好調。
この日は注目度No,1メンズブランドと言っても過言ではない、
PHENOMENON(フェノメノン)のショーへ。

IMG_6807.jpg

全体的にペールトーンのブルーやグリーンを基調としながらも、
トライバル柄や藤の小物、ジュート素材や様々な素材の
スタッズを利かせた軽快なコレクション。
フェミニンでも、硬派でも無い新しいメンズの形を見た!
フィナーレは、キラキラした装飾が天井から降り注ぎ夏の日射しを彷彿とさせた。
スタイリスト坂本真澄氏が前回よりスタイリングを担当し、
見応えのある仕上がりは圧巻でした。

(K)



16:00「white」at ラフォーレミュージアム原宿

CIMG5383.jpg

『装苑』と連動した合同展示会「white」の取材へ。
近々ニュースページでご紹介するとともに、
ショッピングでも出展クリエーターの作品を取扱い予定。
乞うご期待ください!

(O)



17:00「The Dress & Co. HIDEAKI SAKAGUCHI」at rooms LINK

2011SSのコレクションテーマは「BOURGEOISIE IN CASABLANCA(ブルジョワジー イン カサブランカ)」
もたざる美を美徳とする落日の都と、そこに生きる女性の心層心理へ
問いかけたいのはノスタルジックなブルジョワジー。


ピクチャ 2.png


私的ベストルックはこちら↑
Dress & Co.おなじみのオリジナルレースをフードにしたスタイル。

都会的な中に、ノスタルジックな要素を落とし込んだワンランク上の女性を思い浮かべました。
今回も素晴らしいショーを披露して頂きました!
こちらはほんの一部ですが、その他のルックは動画をご覧ください!




(A)


★ツイッターでは、
ニュースやブログで紹介していないファッション情報も
ご紹介しています。ぜひチェックを!



10/10/21 Thu 16:57

前トピックの続きです。こちらからどうぞ↓


19:00「AKIRA NAKA」at rooms LINK

CIMG5286.jpg

rooms LINK内で19日のみ行われた「THIS IS FASHION」。
海外のファッションスクールで学び、日本を拠点に作品を発表する
第4世代と呼ばれるデザイナーたちによる、
強いメッセージ性を込めたファッションイベント。
AKIRA NAKAをはじめ、ASEEDON CLOUD×KEITARO SUGIHARA、
hide a.h、MIKIOSAKABE×CHIM↑POM、YUIMA NAKAZATO、
TAKASHI NISHIYAMA、A letter from writtenafterwardsが参加。

CIMG5288.jpg

CIMG5292.jpg

CIMG5294.jpg

CIMG5300.jpg

まずは、女性を美しく引き立てたいという思いで
クリエーションを行っている、AKIRA NAKA。
今回はある女性を着想源に、彼女からにじみ出る個性を表現。
写真上3点のグラフィックは、北欧のアーティスト
Ahonen&Lambergの作品を使用。

(O)



19:30「ASEEDON CLOUD×KEITARO SUGIHARA」at rooms LINK

CIMG5301.jpg

玉井健太郎さんが手掛けるブランドASEEDONCLOUDと
絵本作家すぎはらけいたろうさんがコラボレート。
どこかにあるかもしれない町を舞台に、
旅をしながら町を創造するという空想の職業である"町作家"と
それを支える娘の生活着をデザイン。
家モチーフや少しぼんやりした夢を見ているような色合いがキュート。

CIMG5302.jpg

"町作家"の仕事を再現した(!?)インスタレーション。

(O)



20:40「MIKIOSAKABE×CHIM↑POM」at rooms LINK

CIMG5306.JPG


アニメやマンガなど日本のカルチャーを取り入れたコレクションを発表し
話題となったMIKIO SAKABE(ミキオサカベ)と、
動物の生死や歴史上のタブーな事件等の刺激的なテーマを取り上げる
東京発のアート集団CHIM↑POMによる、コラボレーションショー!

CIMG5307.JPG


十字架やドクロ...

CIMG5308.JPG


原爆の写真など...!


 

ショーの最後は、ディズニーのキャラクターやドラえもんを模した
かぶりものをかぶるモデルたちが登場し、
最後には燃えるというシュールな映像で幕を閉じました。
個人的に撮影したムービーであり、
最初は縦撮りになっていて見づらいですが、どうぞご覧ください!

(A)



21:30「banal chic bizarre」at rooms LINK

CIMG5310.jpg

テーマは「TEAMER − 現代にチーマーがいたら?」。
今回はメンズコレクションのみ発表です。
クールな演出からスタート。

CIMG5322.jpg

颯爽と歩くモデルたち。写真はブレブレ...足元はヒール!

CIMG5323.jpg

CIMG5324.jpg

ユーズドのミリタリーウェアやデニムを解体して使用。
スウェットやニットをミックスしたり、
フリンジや蛍光色などでアクセントを加えています。
たくさんポケットを並べてビッグシルエットを作り出したり、
わくわくさせる勢いの良いクリエーションを見せてくれました。

(O)



22:30「YUIMA NAKAZATO」at rooms LINK

CIMG5327.JPG


YUIMA NAKAZATO(ユイマ ナカザト)は、
アントワープ王立芸術アカデミーを卒業と同時に靴ブランドをスタート。
現在はヨーロッパ各地でインスタレーションやショーに参加し作品を発表している。
UAを始め、LADY GAGA、BLACK EYED PEASのFERGIEなどの
衣装デザインも手がける注目の若手クリエーター。
固く無機質なイメージの金属を、躍動感のある造形品に仕立て上げる、
魔法の ようなテクニックの持ち主です!

CIMG5329.JPG


CIMG5332.JPG


YUIMA NAKAZATOは、
Newcomer's File 2009『装苑』2009年1月号でも紹介しています。
http://fashionjp.net/archive/newcomer/2009/yuima-nakazato.html


(A)



22:50「TAKASHI NISHIYAMA」at rooms LINK


CIMG5344.JPG


世界的なファッションコンテ ストとして知られる
ITS(イッツ=インターナショナル・タレント・サポート)で、
日本人初となるグランプリを受賞するという快挙を成した
西山高士さんのコレクションが初披露となりました!
テーマは、モンスター・ハンター。

コピーCIMG53432.jpg

CIMG5342.JPG


全ての洋服が合体すると、巨大なモンスターに...!

MIKIOSAKABEやYUIMA NAKAZATOに続き、
TAKASHI NISHIYAMAのショーも一般開放されました。

(A)


長かった1日もこれにて終了。
東コレの速報は、ツイッターでもどうぞ!



10/10/21 Thu 10:55

東京コレクション・ウィーク2日目は、
朝から晩までファッションショーが盛りだくさん!
時系列で追っていきます。


11:00「合同展示会 white」at ラフォーレミュージアム原宿

CIMG5347.jpg

19日から合同展示会「white」がスタート!
cookieboy×Kim Sougheのコラボシャンデリアがお出迎え。

CIMG5348.jpg

ちょっと寄ってみるとこんな感じ。
ファーかと思えばぬいぐるみ。目や鼻が付いていたりして。
(クリックすると画像が大きくなります。)
ぜひ見に来てください。21日18時までです。
http://fashionjp.net/shopping/...(ショッピング Kim Songhe)

(O)



12:00「GUT'S DYNAMITE CABARETS」at rooms LINK

CIMG5385.jpg


合同展示会「rooms LINK」もこの日から開幕。

http://www.roomslink.com(rooms LINK)

その会場内で行われたガッツダイナマイトキャバレーズのショー。


写真①.jpg

テーマは、「BUNNY ROCK」

お馴染みのレザーアイテムを筆頭に

ウサギのモチーフがポイントに使われていたりなど

ハードでありながらソフトな印象も受けたコレクション。

写真②.jpg

 途中、演歌歌手の小林幸子さんがモデルとして登場!!

 

写真④.jpg

写真⑤.jpg

桜吹雪の舞う中、フィナーレにはデザイナーのお二人と

BGM「雪椿」をバックに登場。圧巻というか天晴。


(K)



14:00「HISUI」at rooms LINK

写真⑥.jpg

第1回シンマイ クリエーターズ プロジェクトに選出された

デザイナーの一人でもある信太達哉さんが手掛けるブランド

「SHIDA TATSUYA」のショーも終わり、HISUIのインスタレーションへ。

テーマは「Feel a sign」。

コビト柄の潜んだプリントなどでコビトの気配を表現。

そして、コビトのいたずらによって心が解放される様を

インスタレーションで表現。

 

写真⑦.jpg

スナップボタンにつけたり、はずしたりすることで服が変化して行きます。

2WAY,3WAYで着られる服で有名なHISUIならではのプレゼンテーション。

http://fashionjp.net/shopping/...(ショッピング HISUI)

(K)



15:30「matofu」at 東京ミッドタウン ホールA

CIMG5278.jpg

マトフの今期のテーマは、かさね − 春夏。
「染司よしおか」の5代目当主・染色家の吉岡幸雄さんと
生み出した美しい色の世界を披露。

CIMG5280.jpg

毎シーズン展開している「長着」。
着物でも洋服でもない新しいスタイルの提案です。
今回はさわやかなギンガムチェックで、カジュアルにも着こなせそう。

CIMG5285.jpg

鮮やかな色合いながら、染めには、天然染料を使用。
他のアイテムと重ねたことによって新しく生まれる
色合いや柄の合わせ、雰囲気も素敵でした。

ちなみにマトフは、来年1月スパイラルにて個展を開催!
「慶長の美」長着展は、日本の文化史でもっとも魅力的だと感じる
時代のひとつ「慶長」にインスパイアされてきたマトフが、
代表的な作品である長着と各シーズンのテーマの歴史や美術工芸を
紹介する展覧会です。詳しくは会期が近づいてから。

(O)



17:30「VANQUISH」at The Garden Hall

写真⑬.jpg

今回が、JFWデビューのお兄系ブランド。

ショッピングのリサイクルプロジェクト「Re:dressed」のスタイリングや

ブログでもおなじみのスタイリスト酒井タケル氏と一緒に行きました。 

 

写真⑭.jpg 

テーマは、「NEW WORLD」。

青い鳥からインスピレーションを得て、青を効果的に使用したコレクション。

ショートフィルムから始まったクールな印象のコレクションでしたが

モデルには、DAIGOや綾小路翔さん等も登場し和やかな雰囲気に。

小林武士×大沢伸一のユニットの音源を使用したことでも話題に。

青い羽が空から舞い散り、フィナーレ。


(K)


☆次に続きます。速報はツイッターで!



10/10/19 Tue 16:53

前トピックの続きです。こちらから↓


20:30「G.V.G.V.」国立霞ヶ丘競技場

CIMG5266.jpg

近頃ボディコンシャスなシルエットが多かった同ブランドですが、
一転、エスニックテイストを盛り込んだ新鮮なコレクションに!


CIMG5268.jpg

CIMG5269.jpg

CIMG5271.jpg

テーマは、"WANDERLAST"。
世界中の音楽フェスを旅する女の子をイメージしたそう。
私的には、アフガンベルトが気になるアイテムに。

ここで、スタッフAにバトンタッチ。

(O)



21:30「LIZ LISA」恵比寿 ザ・ガーデンホール

ギャルたちに定評のガールズブランド「LIZ LISA」が
東京ガールズコレクションの枠を越えて、JFWに初参戦!


RIMG0392.JPG

会場前のフロア。
初お披露目のルームウェアや、香り物を展示・販売していたり。

RIMG0398.JPG


花とレースをあしらった日傘と総バラ柄のオールインワン。

RIMG0421.JPG


まるでギフトのようなヘッドドレス!

RIMG0464.JPG


ロングトレーンのガウンがこの上ないほどにラブリーなルームウェア。
大きなぬいぐるみを抱えて登場。


とにかくすごい人数のギャル・ギャル・ギャル!
普段味わう事のない風景を目の当たりにし、
若い女子たちのエネルギッシュでパワフルなオーラに圧倒されたのでした‥。

当初、リズリサがコレクションを開催すると知ったときは、正直驚きました。
熱烈なファン以外にも、ファッション業界人の注目度が高かった今回のショー。
JFW初参戦であり、東京ガールズコレクションとは異なった切り口での発表は、
今後のファッション業界にどのような影響を与えるのでしょうか!



fashionjpのツイッターでは、コレクションの速報を見る事が出来ます!
フォローミー!
http://twitter.com/fashionjp



(A)


10/10/19 Tue 14:45

昨日から2011年春夏シーズンの
東京コレクション・ウィークがスタートしました。

詳しい解説や写真は、
『装苑』や「high fashion ONLINE」でご紹介しますが、
スタッフブログでは出かけたショーや展示会を
時系列でリポートします。


14:00「beautiful people」東京ミッドタウン

CIMG5225.jpg

まず私は、beautiful peopleのショーからスタート。
受付に行くと、マップとプレスバッジが手渡される。


CIMG5227.jpg

ミッドタウンの各所に発表の場を設けていました。
1ルック目は、TSUTAYAの前で。


CIMG5222.jpg

たくさんの人たちが写真を撮ったり、
ツイッターにすぐさま投稿したり...
ランウェーとはまた違った参加型インスタレーション。
ユニークな表現方法ですね。


CIMG5229.jpg

目につくのはギンガムチェックやボーダーのアイテム、
エッフェル塔が描かれたTシャツなどなど...
さわやかなアイビールックを披露。

テーマは、"take it ivy"。
インスピレーション源は、『NY JS DB 62』『Take Ivy』などの写真集。



CIMG5233.jpg

おそろいのバッドマンのタンクトップがかわいい!
裾が、こうもりの形になっていて。
beautiful peopleが続けている、大人も子供も着られる服...
ジャケットを交換した瞬間をキャッチ。


CIMG5238.jpg

スーパーPrecceの前でも...


CIMG5241.jpg

DEAN&DELUCAの前でも。
なんだかファッションシューティングをしているようで楽しい!


CIMG5252.jpg

フィナーレは、全員集合して撮影会。
逆光で見えにくいのですが、中央に立っているのが、
デザイナーの熊切秀典さん。


16:00「petite robe noire」同ブランド事務所のビル屋上にて

CIMG5254.jpg

アクセサリーブランド「プティ ローブ ノアー」展示会へ。
大人気のコットンパールシリーズに、新色のブラックが登場!
白のパールとはまた違った、シックな印象。
私は左側の、パールの粒が大きめのほうを予約...♡


18:00「合同展示会 white」ラフォーレミュージアム原宿

179189334.jpg

本日開幕した『装苑』と連動した合同展示会「white」の
準備作業を偵察に。
詳細・見どころはニュースでご紹介しています。


そろそろ出かけなくては...次回に続きます。
尚、ツイッターではリアルタイムでショーや展示会の様子をご紹介。
そちらもあわせてご覧ください。


(O)


10/10/12 Tue 20:50

「INVITATION to OPEN YOKOHAMA 2010」
プレスツアー・レポートつづき

▼キャンペーン概要▼
▼レポート① 象の鼻テラス▼
▼レポート② 黄金町バザール(終了)▼
▼レポート③ 続・黄金町バザール(終了)▼


今回は、横浜三塔周辺をご紹介。
「横浜三塔」とは、関内地域に建設された塔を持つ3つの建物。
愛称は、キング、クイーン、ジャック。
外国人船員がトランプのカードを元に名付けたとか。


RIMG2954.jpg

まずは、キング=神奈川県庁本庁舎。塔の高さは、48m。
関東大震災で発生した火事が原因で1928年に再建されたもの。
ちなみに、県庁が面している日本大通りの幅は36m。
なぜこんなに広いのかというと、この距離があれば
他の建物から火が燃え移らないだろうという考えから。

10月17日(日) 9:00〜16:00には、一般公開も控えています。
知事室・大会議室など普段足を踏み入れることができない場所も、
見ることができる機会です。


RIMG2958.jpg

ちなみに、県庁の屋上は展望台になっています。
いつでも無料で入ることができますよ。
この日はとてもいい天気。そして、ものすごく暑かった...。


RIMG2959.jpg

次は、クイーン=横浜税関本関庁舎。
塔の高さは51mで、3つの中で一番高い。
アメリカ軍の将軍マッカーサーが一週間滞在した場所とも。


RIMG2962.jpg

そして、ジャック=横浜開港記念会館。
塔の高さは36m。最も古い洋館建築で、国の重要文化財。
関東大震災前からの貴重な建物です。

おまけ★横浜三塔物語
この三塔を同時に見ることができるスポット、
神奈川県庁の正面、横浜赤レンガ倉庫、大さん橋国際客船ターミナルの
3カ所を全て回ると願いが叶うという都市伝説があるみたいです。


RIMG2950.jpg

横浜三塔の周辺から、横浜開港資料館。
元々はイギリスの総領事館。
10月24日(日)まで、「横浜山手 コスモポリタンたちの1世紀」展を開催。


RIMG2953.jpg

ちなみに、ペリー来航時のこの有名なイラストに描かれた木が
現在でもここに残っています。(あまり見えませんが...)


RIMG2955.jpg

最後に、横浜情報文化センター。
元アメリカ総領事館の場所が火事になり、新設されたもの。
日本新聞博物館や横浜都市発展記念館などがあります。
日本の新聞発祥の地は、横浜と言われています。

日本新聞博物館「かながわの記憶 報道写真でたどる戦後史」
開催中〜11月3日(水・祝)
横浜都市発展記念館「モダン横濱案内 −ブラリ、昭和はじめのハマの街−」
開催中〜2011年1月30日(日)


◆今週は「まち歩きツアー」も豊富!
・13日(水) ガス灯の街・馬車道
     みなとみらい21「まち歩き」大人の社会見学!!
・14日(木) 横浜能楽堂施設見学日
・16日(土) ライトアップ建物探訪
・17日(日) クリエイティブシティ・ヨコハマ!


(O)


10/10/08 Fri 22:28

「INVITATION to OPEN YOKOHAMA 2010」
プレスツアー・レポートつづき

▼キャンペーン概要▼
▼レポート① 象の鼻テラス▼
▼レポート② 黄金町バザール▼


「黄金町バザール」レポート後編。
※前編を読んでいないかたは、上のリンク先からどうぞ。

RIMG3011.jpg

風俗店街の面影が残る黄金町辺りですが...
現在はアートで浄化され、ユニークな試みがたくさんある場所。

「黄金町バザール」は街の各所に...
バザール・コミュニティ、ハツネウィング、初音スタジオ、
Kogane-X Lab.、八番館、黄金スタジオ...などの会場があり
さまざまな展示やインスタレーションを行っています。
気になった場所をいくつかご紹介します。


RIMG3010.jpg

例えば...日ノ出スタジオ。
若手クリエーター商品を集めたセレクトショップ、美術書専門の古本屋、
建築設計事務所、ファッションブランドのアトリエが入居。
期間中は、古本市「黄金町アートブックバザール」を開催。


RIMG3014.jpg

この写真は、ハツネテラスから。
5組の建築家による5つのスペースの創出。

写真は、吉村靖孝さん(吉村靖孝建築設計事務所)による
作品「レッドライト・ヨコハマ」。
細長い部屋を2つに分けて、入り口側を白く、奥を青く塗る。
訪れた人は、青い部屋から白い部屋に戻るとき
赤い光が見えるという、"補色残像効果"を用いたもの。
かつて黄金町を照らした赤いネオンサインを彷彿とさせます。


RIMG3021.jpg

おまけ。疲れたら近くにゆっくり休めるカフェもあります。
「Cafe ★(カフェ・スター)」

※イベントの詳細は、オフィシャルサイトをご覧ください。


この連休中には、
ビッグイベントがあるのでぜひ出かけてみて!


(O)


10/10/08 Fri 21:07

「INVITATION to OPEN YOKOHAMA 2010(くわしくはヨコハマの街で)」
プレスツアー・レポートつづき

▼キャンペーンの概要▼
▼レポート① 象の鼻テラス▼


プレスツアーの順を追ってご説明したいところですが、
明日からの3連休で終了してしまう大きなイベントがあるので
優先してお伝えします。


横浜のあるエリアを示すときに、関内・関外と呼ぶことがあります。
これは横浜開港当時、外国人居留地の出入口だった
吉田橋に設けられた関所の内と外を表しています。

関内...馬車道、北仲通、山下町、日本大通り、中華街などのベイサイド
関外...伊勢佐木町、吉田町、長者町、大通り公園、寿町などの下町

横浜といえば、訪問者の私からすれば
美しく整ったクラシックな街並みが頭に浮かびますが、
関外エリアはその概念を覆すような、ディープな魅力が潜んでいます。

これからご紹介する「黄金町バザール」もその関外エリア。


RIMG3002.jpg

日ノ出町駅から黄金町駅周辺のエリアは、
元々特殊飲食店街で、売春が行われていた地域。
現在では浄化され、新進アーティストの活動拠点として
新しい街づくりが行われています。

写真は、元旅館(ラブホテル)をコンバージョンした日ノ出竜宮。
キャンペーン期間中は、フォトグラファー関本幸治さんの個展「DreaMachine」
新作の写真と撮影のため設置したインスタレーションを展示。
カフェユニットL PACKによる、カフェも営業中。
そして、黄金町バザールのインフォメーションセンター設置場所。


RIMG3008.jpg

関本幸治さんによる写真展


RIMG3007.jpg

ちょっと不気味なクマ。
アーティストさとうりささんの「tete bear」も展示中。


RIMG3009.jpg

カフェスペース。担当しているのは、
バックパックに詰めたカフェをさまざまな場所で開封し、
コーヒーのある風景を作り出すというユニット「L PACK」。
黄金町バザール期間は、日ノ出竜宮に出張。


Information
関本幸治展「DreaMachine」
期間:開催中〜2010年10月11日(月・祝)
場所:日ノ出竜宮
   神奈川県横浜市中区日ノ出町2-158
時間:11:00〜19:00(カフェは、22:00まで)
TEL:045-261-5467


長くなってきたので、一旦切ります。


(O)


10/10/06 Wed 23:35

更新を怠っていたら、あっという間に半月...。


少し前のお話になりますが、
以前ニュースでもお伝えした「INVITATION to OPEN YOKOHAMA 2010」の
プレスツアーに行ってきました。
▼キャンペーンの詳細はこちらからどうぞ▼

ツアーは、9月10日に行われ...
このキャンペーンは9月10日(金)〜11月3日(水・祝)の期間中
各場所・日程でさまざまなイベントがあるのですが、
まだまだ見ておきたいイベントがたくさん残っています!
何回かに分けてご紹介しますね。


まずは、ツアーの集合場所になっていた「象の鼻テラス」。
象の鼻テラス=アートスペースを備えたレストハウス。


RIMG2947.jpg

今行われているのは、「ETB(エレファント・トラベル・ビューロ)」。
架空の旅行代理店に扮し、INVITATION to OPEN YOKOHAMAの
情報発信拠点として運営したり、聞き耳プロジェクトを展開したり...。

聞き耳プロジェクトとは...
美術家・小山田徹さんが発案した、お散歩型音声ガイド。
ホスト役とゲスト役の2人が実際に街歩きしたときの会話を録音したもの。
2人の会話にそっと聞き耳を立て、
あたかもお散歩のもう1人の参加者になったように。
自分だけでは発見できなかった、新たな街の見方ができそうな
画期的なシステムです。

ちなみに、ETBのコスチュームは、
コスチューム・アーティストのひびのこづえさんがデザイン。


Information
「ETB −象観光プロジェクト−」
期間:開催中〜2010年11月3日(水・祝)
場所:象の鼻テラス
   神奈川県横浜市中区海岸通1丁目
時間:10:00〜18:00
TEL:045-661-0602


【象の鼻テラス関連のそのほかのイベント】
・まことクラヴ公演「事情地域ヨコハマ」
 10月13日(水)〜16日(土) <ダンスパフォーマンス>
・ヨコハマでピクニック
 10月30日(土) <ピクニック> 雨天中止
・「横浜ランデヴー プロジェクト」直営ショップオープン
 10月9日(土)から土日祝営業 横浜ベイクォーター3F

※イベントの詳細は、オフィシャルサイトへ。
 http://www.zounohana.com (象の鼻テラス)
 http://www.rendezvous-project.com (横浜ランデヴー プロジェクト)



(O)


トップへ
FJPスタッフ

FJPスタッフ

ファッションが好き。ミーハー。オタクっぽい。かわいいもの好き。こだわるくせに飽きっぽい。一見クール。さまざまな個性が集う、fashionjp.net編集部です。私たちスタッフの日々の仕事をめぐる裏日記!?をパーソナルな視点で書いていきます。 取材のこぼれ話、出会い、気になるもの、ショッピングをめぐるトピック、などなど。

クリエーターズ・ブログ FJP スタッフ

2015年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
このブログを購読

アクセスランキング TOP 3

こちらもオススメ!

TOPページへ戻る

装苑ONLINE high fashion ONLINE 文化出版局 スタイリッシュシネマ ファッション業界お仕事BOOK 文化出版局書籍FB 文化出版局服飾図鑑アプリ 装苑賞 BFGU rooms LINK Antenna Glam